エロ

母の友人 一色桃子 リアルに子持ち

恩師の葬式の為に上京してきた母の友人・桃子。幼い頃から想いを寄せていた女性の再訪に心躍らせる息子の裕太は、昔と変わらない彼女の美しさに好意を抱かずにはいられなかった。そしてその晩、酔って積極的になった彼女に流されるまま身体を重ねてしまう。酔った勢いとはいえ、親友の息子と関係を結んだ事に罪悪感を覚えて距離を取る桃子。しかし年下の男に求められる悦びに再び肉体を許してしまい…。

熟女と呼んでも違和感はないですが、30代でも通用しそうな美貌はグラビアアイドル出身だからかもしれません。

一色桃子さんはエイトマン所属でマドンナ専属、詩人の肩書も持つ才女です。

葬式の日に喪服姿の母の友人と再会という設定がツボです。

桃子ちゃんが母の友人として若い男とエッチする。桃子ちゃんの作品の中でも、桃子ちゃんが男をリードして誘惑する作品とか、桃子ちゃんが痴女になって男のオチンチンをいじめる作品が私は好きですが、今回の作品も素敵なものでした。
最も興奮したのは、桃子ちゃんがパジャマを着てエッチするシーン。パジャマを脱がせるとノーブラだった!桃子ちゃんの美乳を目の当たりにして、「吸って」と言われたら、もう吸うしかない。しかも画面は美乳がアップで写っているから、興奮度がかなり高いです。男は桃子ちゃんの乳首に吸い付くと、ゆっくり桃子ちゃんの乳首を味わいます。桃子ちゃんも乳首に吸い付かれて感じていてかわいいです。この授乳シーンを見ていたら、私の童貞オチンチンが興奮してしまい、射精してしまいました。パジャマの授乳シーンが1番のお勧めです。

この作品を見て、桃子ちゃんに童貞を捧げたい気持ちがますます強くなりました。

友人の息子である藍井優太をたぶらかすエロモンスターの一色桃子姉さん。
ベロチュウしてチンポしゃぶりまくり。
今作はメイクがとても美しい。
「亀頭!好きぃ!あぁんカリ!好きぃ!裏筋も好きぃ!」と桃子淫語連発。
「うぅん、んふぅん」とエロい声を上げながらしゃぶってくれる桃子。
チンポを舐めていた舌を絡めるベロチュウ。
制御不能になった藍井優太が反撃に転じる。
いきなりパンティーを脱がしてじかにオマンコを舐めるが、ここはパンティーのうえからオマンコを弄り倒し、パン染みつくるべき。
一発目はフェラ抜き。せっかくスカート着衣だったのでこのままハメて欲しかった。
翌日、葬儀帰りで喪服を着る桃子を●す藍井優太。
ベロチュウしながら上着を脱がし、スカートだけにしてブラの上から乳揉み。
テクが上がった藍井優太を褒める桃子。
真珠のネックレス着用でも服スカート履きの桃子とベロチュウして乳首を舐めまくる藍井優太。若い男に犯してもらい勃起しまくった乳首を吸いまくる藍井優太。
ここはパンティーの上からオマンコをいじりエロいパン染みをつくる桃子さん。これは良かった!
濡れまくったマン汁付きのパンティーのうえからオマンコを舐めまくる藍井優太。
フルボッキしたチンポをしゃぶった後、立ちバックでチンポをぶち込ませる桃子。
バックで突かれて「はぉおおおん、ああっもっと欲しい」と言って喘ぐ桃子。
「気持ち良すぎて離れたくない」ネックレスは着用だが喪服スカート着衣で犯して欲しかった。
乳を揉まれながら若者に激しく突かれ「おばさん、マン汁が飛び散ってる」と言う桃子。
「前から欲しい」と正常位でチンポをぶち込ませる桃子。
激しくついてもらって「すごく相性がいいのね」「おばさんのオマンコ、めちゃめちゃ喜んでるわ」。
桃子を駅弁で逝かせるまで成長した藍井優太。再び立ちバック。堪らず桃子が振り返りベロチュウを求める。
一色桃子のオマンコをバックでガンガン突く藍井優太。いいぞ!もっと突いてくれ!
「もっと、もっと、もっと早く」「あぁあぁ、すごくいい」と余裕で突かせる桃子。しかし普通に気持ちよさそうだ。
全力で桃子のオマンコを突きまくる藍井優太。百戦錬磨の桃子をマジイキ寸前まで気持ちよくさせた藍井優太。騎乗位で桃子が逆襲。ドエロイベロチュウして正常位で腹出し。顔射を!

あと少し激しく突いたら桃子を逝かせられた。

引用:DMM FANZA

ツイッターのアカウントはまだフォロワーが二千人程度なので、ご本人と絡めるチャンスがあるかもしれません。

ツイッターの内容から察すると、リアルに子持ちのようです。

こんな色っぽいお母さんが実在するということに興奮を覚えます。

熟女、人妻系のエース候補です。

 

30代、40代の見た目の若さはもう普通になりすぎて、美魔女という言葉も死語なのかもしれません。

母親の友人と関係を持つというのも増えているかもしれません。

個人がみなSNSなどなにかしらのアカウントを持つ時代です。

自分の夫ではなく息子が友達とつながって、実際にセックスまでいっていたなんていう話はかなり現実的なシチュエーションではないでしょうか。

子持ち真面目主婦がハッピーメールにハマった日/熟女の沼

-エロ

© 2020 Powered by AFFINGER5