出会い 結婚相談所

アラフォーの婚活は結婚相談所が最強なのか?

アラフォーの婚活は結婚相談所が最強なのか?

アラフォーといっても最近のアラフォー、アラフィフは見た目が若い。

ただ自画自賛で婚活市場に乗り込んでいっても撃沈が続くのが現実。

まずイケてる相手が当然のように少ない。

アウトレットセールで掘り出し物を探すような感覚、ドンキの汚いワゴンセールの中に見た目も綺麗なお値打ちものが転がっているということも少ないわけで…

そんな絶望感を味合うのがアラフォーの婚活の現実です。

こういう宝くじに当たったような人ももちろんいます。

結婚はゴールではなくスタート、というクサい歌詞のような文句が浮かんでもきますが、とにかくアラフォーは心して婚活に臨ままないとすぐに心がへし折られます。

現実は宝くじ状態

まずは出会い系で現状チェック

まず自分の見た目など客観的にみてどの程度のレベルかを知っておく必要があるかと思います。

三十後半辺りから、他人の見た目などがわからなくなってくる現象があります。

相手の年齢が当てられなくなっているといった自覚がある人は要注意です。

アラフォーで厄介なのが二十代のころに結構モテていた人達です。

当時の感覚が抜けずに、来る人全てを下に見る傾向があるので注意したいところです。

そこで出会い系などで軽く若めの人とアポをとって会ってみることをおススメします。

熟女好き、オッサン好きの性癖がある人は別として二十代ぐらいの子は年いってる人への反応がわかりやすかったりします。

アラフォーであれば年齢を三十代にサバ読んで会ってみるのもいいかもしれません。

おそらくそこで自分の立ち位置を痛感することになると思います。

ホテルまで行って体の関係までいったとしても、完全なるセフレ扱いか、お金目的かなど、あからさまに自分が二十代の子たちの結婚対象ではないことがわかるのではないでしょうか。

人間といっても動物なので、相手とのキスでの違和感(若い子の方だけが感じる違和感)、パンツを脱いだ後のニオイをうけつけないという若い子も多いです。

これは女性の方が逆に若い子が嫌がる匂いを陰部が放っていることが多いようです。

自信満々に美魔女が裸になって「やっぱ無理」と若い子に言われた時のショックは計り知れないものがあります。

オッサンの場合はその辺の免疫が色んな社会的な立場から自覚症状があることも多いので、やはりアラフォーで壁にぶつかるのはダントツ女性の方が多いのかと思います。

アラフォー女性の方が厳しい現実

リアルな結婚相談所に人が戻ってきている事実ブログで紹介

 

アラフォーは素直に結婚相談所

結婚相談所のイメージにネガティブなものを抱いているのは年齢が上になればなるだけあるかもしれません。

マッチングアプリに対しても、出会い系のイメージが抜けず、出会いは自然に社会活動の中からという中途半端な意地のようなプライドがあるのかもしれません。

ネットでの出会いが普通になる中、結婚相談所もネットで申し込むという敷居が低くなってきているのを敏感に感じ取っているのは二十代の人が中心かもしれません。

結婚相談所に行くメリットはとにかく気合いの入り方、先にお金を払って入る入り口が無料の出会いなどとは違うわけです。

気持ちの入り方の違いはとても重要です。

そして相談員の方の客観的な視線、これが一番重要かと思います。

いつまでも理想ばかり追っていられない現実、相手の容姿、年収など、自分に合う人を優先的に紹介してくれるこの第三の目が一番の結婚相談所の強みではないでしょうか。

結婚は恋愛ではないという現実をつきつけてくれるのが結婚相談所ではないでしょうか。

結婚だけでない違う道を模索するのもアリだとは思います。

結婚相談所に入会する人の大半が3ヶ月ぐらいで相手を見つけるという事実もお伝えしておきたいです。

真剣に相手を探す人が集まる場所には奇跡が起きる、人の念が集まっておこる奇跡というか事実なんだと思います。

別ページで結婚相談所の紹介はしていますが、一番便利なのは大手13社のパンフレットを送ってくれるというサービスです。

手元に資料を取り寄せてそこから吟味して入会という手順が一番安心なような気がします。


ネットで簡単に資料請求できます↑

年代などをクリックして簡単に申し込めます

コロナ禍でも結婚相談所は盛況のようです。

一人で生き抜くには難しい時代に入っているのかもしれません。

昔のお見合いなどもその時代の家制を守っていく知恵、現代を生き抜く知恵は結婚相談所に集まっているのかもしれません。

 

 

-出会い, 結婚相談所

© 2020 Powered by AFFINGER5