出会い

キャッシュバッカーは実存するのか?

 

キャッシュバッカーは実存するのか?

出会い系サイトで、キャッシュバック目的のためメールのやりとりだけをする人をキャッシュバッカーと呼んでいます。CBと略されたり、別名メールレディとも呼ばれています。ポイントをもらうシステムでそのポイントが換金できることから、サクラ部隊が一日中会う気もないのにおっさんをその気にさせるメールのやりとりをするという、だまされたおっさん絶望的な悪の権化がキャッシュバッカーです。男性はメールを送るのに50円ぐらいお金がかかるのに対し、女性(男性もいます)、つまり女性として登録している人はメールのやりとりでポイントをもらっているということです。男性にお金をたくさん使わせてその何パーセントかを女性側にあげますよ、というシステムです。
しかしそんなことで本当に稼げるのか?

激減するキャッシュバッカー

ここ数年でキャッシュバッカーは激減していると言われています。新興するマッチングサイトでは、ポイント制を導入していないところも少なくありません。またポイントを導入していても大手のマッチングサイトでは、ほぼキャッシュバッカーはゼロといってもいいかもしれません。ハッピーメールであれば、2%のポイントバックです。男性の1通50円のメールに対して1円の計算になります。頑張って100通のやりとりをしても100円にしかならないので、これで一攫千金狙ってやるという人はまずいないと見ていいと思います。まれに暇人というか、少しサイコな方で鬼のようにメールを打っている人がいるかもしれないので100%の保証はありませんが、まあまずいないとと言ってもいいレベルだと思います。
ただひっかからないように、彼女(彼)らの手口の代表例をあげておくと、すぐに会おうよと誘ってきて、こちらに期待を持たせることでまず第一段階のつかみを行う、しかし会う気はないのでじらすだけじらし、最後の方は相手を挑発するような内容にし、それに対して男性側も最後は怒りのメッセージを送ってしまうわけですから、その最後の最後まで課金させるというやり方などはよくある手口だと思います。また画像など送ってきて信用させるのも常套手段なので、その画像の画質等もチェックが必要です。後で冷静になって考えれば、こんな写真を女性から送ってくるわけないよな、とわかるのですが、送られてきた瞬間はムフッと勘違いしてしまう悲しい男の性はなかなかコントロールが難しいものだとは思います。
ハッピーメールバナー

↑大手だとサクラがグッと減ります↑

キャッシュバッカーはほとんどいないと考えてOK!

高額のマッチングサイトには要注意

出会い系、マッチングアプリ、呼び方はいろいろあると思いますが、選ぶ際には大手の実績が十年以上あるようなサービスに登録することがマストだと思います。一つは個人情報のしっかりとした管理、新しい実績のないサイトに個人情報を預けるのは勇気がいると思います。そして、このページのトピックである、キャッシュバッカーが新手のサイトには存在しています。メールを送るのに200円とか、300円かかるようなサイトであったらすぐに退会をすすめます。というかその辺は事前に調べられると思うので、登録はしない方が身のためです。男性の課金が高ければ、その分女性へのキャッシュバックを多くしているところがほとんどだからです。そういう悪質なサイトでは女性のほとんどが業者、そしてキャッシュバッカーとしてメールを打ちまくるサクラばかりなので、あっという間に数万円とられて終わりです。健全な出会いには、健全なサイトを利用するということが必要不可欠になってきます。

新しいサイト、高額のサイトには注意!

-出会い

© 2021 Powered by AFFINGER5