出会い

マッチングアプリ、50代からの出会い系デビュー

 

マッチングアプリ、50代からの出会い系デビュー

50代からでも遅くない出会い系サイトデビュー

50代の人でうまく出会い系サイトやマッチングアプリを活用して、まだまだ現役と頑張っている人はどのくらいいるでしょうか。

早くからスマホにアプリを入れて仕事の合間を縫ってはメッセージをやりとりし、出会い系のベテランになってしまった人は特にこういう記事を読んだりしないでしょう。

乗り遅れた、こういう悔しさを持ってる50代の人、結構いるのではないかと思い記事にしてみました。

なんとなく恋人もいたし、結婚もしたし、子供もいるし、忙しい中であっという間に世の中のテクノロジーは進んで、SNSでもなにを発信したらよいのかわからず見る専門、若い子たちがどんどんマッチングアプリで出会いを謳歌しているのを見て、いいなあと指をくわえているまだまだ元気な50代は多いはずです。

50代の人が若いころも伝言ダイヤルやテレクラなど、やってる人はやってたわけですが、今よりもはるかにハードルが高い、普通の人が足を踏み入れるにはちょっと抵抗があったその壁というか偏見がこのご時世になってもまだついてまわっているのではないでしょうか。

そもそも出会い系サイトという呼び方さえ古いです。マッチングアプリ、マッチングサイト、こっちの方が主流になってきています。相変わらず業者はうようよいるわけですが、見分け方などはそう難しくありません

キャッシュバッカーは実存するのか?

そしてなによりの朗報は一般の人(女性ユーザー)の劇的な増え方です。男性側にも選ぶ余裕ができるほどの女性の数、彼女らの出会い系に対する警戒感が薄れている事実です。

そこで50代のオッサンの出番はあるのか?その辺を掘り下げて考えてみたいと思います。

オッサンにもチャンスはある!

若いころに遊んでいた人

昔遊んでいた人であれば、やり方だけをマスターすればこんなにチョロいツールはないと思います。

数打ちゃ当たる方式ではありますが、とにかく選択肢が豊富なのでコツをつかむのはそう難しくはないと思います。

気をつけたいのは、キャバ嬢の営業メールやパパ活と称する風俗系、もちろん割りきって大人の関係でいいのであればそれはもう何も説明することはなく、ただただストレートに交渉して会って、事をいたす、ただそれだけです。

ただ若いころの血がさわぐ人は普通の20代の子などを落としたい、そんな野望も出てくると思います。

そこは大人の財力をエサに、20代の子ができない体験を演出して若いお兄ちゃんには真似のできないエスコートプランを練ってみるのも楽しいかもしれません。

そういった妄想だったことがとりあえずチャレンジしてみることができる、これが出会い系の醍醐味ではないでしょうか。

飲み屋のお姉ちゃんを口説くより効率的!

若いころに遊んでなかった人

若いころに出会い系なんかやったことないし、風俗も行かないし、はたから見たらつまらない人生を送ってきた、そう思われがちな人も実は多いと思います。

人生は女だけではないですから、いろんな経験をしつつも女性経験に対しては豊富ではない、逆にそういう人の方が多いのが現実ではないでしょうか。

しかしそんな人でもこっそり入っていけるのが出会い系の世界です。

ここ2,3年での出会い系に対する偏見の薄れ方は目を見張るものがあると思います。

その流れは止まることなく、マッチングアプリで会うというのが過半数を占めるのもそう遠くない世界だと思います。

マジメに人生がんばってきた人にもごほうびがもらえる時代というか、年配の人のネックになっているのは「やり方」だけだと思います。

登録する前の段階で躊躇してしまっている人の多いこと。

携帯番号の登録やクレカの登録に一歩前に進むことができない、そんな声をたくさん耳にします。

たしかに新興の業者、できたばかりで評価の定まっていないサイトに登録するのはリスクがあります。

そこは単純に何年も実績のある会社を選ぶ、これに尽きるわけですが、もう一つはスマホよりパソコンからの方がログインしやすいという人も結構いると思います。

これについても老舗の出会い系サイトの方が新興勢力よりも一枚上手かと思います。

とにかく登録してサイト内を徘徊する、これしかないと思います。

 

 

↑ワクワクメール↑ ↓ハッピーメール↓ この辺から始めるのが無難だと思います。

 

 

オッサン好きもネット上には溢れています!

-出会い

© 2021 Powered by AFFINGER5