ハッピーメール 出会い

出会いのハッピーって何のこと?

出会いのハッピーって何のこと?

出会いの関連ワードで出てくるハッピーの謎。

新しい人に出会えてハッピーという意味で検索する人がいる?

ハッピーな出会いを求めて「出会い」「ハッピー」と検索する人はかなり危ない人なような気もしますが…

推測するのは出会いや出会い系、マッチングアプリなどの関連ワードを調べていくうちに「ハッピーメール」のワードが引っ掛かってくるのが一因ではないかと思います。

昔から出会い系をやっている人にとっては今更ハッピーメールって、と思うかもしれませんが、マッチングアプリという言葉が先行している現在はハッピーメールの存在自体を知らない若者も増えているわけです。

おそらくハッピーメールが原因

ハッピーメールもアプリを配信していますが、どうしてもイメージが出会い系サービスという少しネガティブなところもあって、実際の口コミとか大丈夫かなどを検索している人は多いのではないでしょうか。

ハッピーメールの評判、リアルに安全レポート

ツイッターで出会いを検索していると時折名前が出てくるのが、前新潟県知事の米山隆一さんです。

別名ハッピー米山とも言われていて、この人絡みで検索する人もかなりいるようです。

簡単に説明すればこの米山さんは県知事時代にハッピーメールを使って3万円で女子大生を買春していたということを週刊誌に暴露され、辞任にまでいたったといいうかなり痛い一件です。

この方、ただそれだけだったら過去の人で葬り去られておしまいなのですが、なかなかしぶとくツイッターでいまだに発信を続けており、その内容が反日的な要素も多く、結婚した室井さんもまた反日の女神のような人なので、ネット上では叩かれる格好の的となっているようです。

実際米山さんの件が炎上した時は、本当に女子大生のと出会えるんだという証拠というか見本になってくれたことで、新規にハッピーメールに登録する人が増えたとか…

 

昔からのイメージを引きづっている人はサクラや業者が多いというのが出会い系に対するイメージでしたが、それを変えてくれたのがもしかすると米山さんなのかもしれません。

ハッピーメール側は彼に広告料を払ってもいいぐらいかもしれません。

出会い系とマッチングアプリの差がない時代に突入!

業者は容赦なく普通のマッチングアプリにも進出しますし、正直なにが違いなのかはわからなくなっていると思います。

若い人の貧困問題は社会的にもよく取り上げられる話題で、パパ活という言葉が一般化している時代です。

法律でも未成年でなければ買春という行為自体は罰せられるものではありません。

昔から若い子がオッサンにおこずかいをもらう図式はありますが、パパ活という言葉でよりソフトに気軽なバイト感覚で広まっている感も否めません。

パパ活といいながらも個人でも実際業者のような子もかなりいるようです。

ハッピーメールのアプリとの違いって何?

ただハッピーメールなどで美人局などの事件が起きているのも事実、アンハッピーな現実も見ておかなくてはいけないと思います。

出会い系サイトを利用し、「美人局(つつもたせ)」の手口で少女に会いに来た男性に集団でけがをさせ、現金を奪ったとして、兵庫県警少年捜査課と西宮署は18日、強盗致傷容疑で、通信制高校1年の男子生徒(18)ら16~18歳の少年5人と、中学3年の少女(15)の計6人=いずれも兵庫県尼崎、西宮市=を逮捕したと発表した。5人は容疑を認めているが、1人は「その場にいただけ」と否認しているという。

同署によると、男性と少女は出会い系サイト「ハッピーメール」で知り合い、同市内のコンビニエンスストアで待ち合わせ、男性の車で公園に移動。その後、ベンチ付近に少年5人が駆けつけ、「強姦(ごうかん)になるぞ」などと因縁をつけて集団で暴行を加えたという。

逮捕容疑は13日午前0時ごろ、同市西宮浜の公園で、大阪市淀川区の会社員男性(30)を殴って顔に軽傷を負わせ、現金約1万円を強奪。さらに、少年らの車で移動し、同日午前7時ごろ、西宮市天道町の別のコンビニで現金10万円を奪ったとしている。

引用:産経新聞

また2015年11月30日にはハッピーメールを運営する株式会社アイベックの社長らも売春のほう助の疑いで逮捕される事件も起きています。

売春目的とわかる内容の書き込みに対する対応が甘いということで警察の見せしめのような逮捕だったのではと思います。

それ以降ハッピーメール側もサイトの取り締まりを強化して、業者撲滅にがんばっているようです。

逆にこの逮捕は気の毒ではありますが、利用する側にとっては安心して使えるきっかけとなっていて吉に転じた出来事ではなかったかと思います。

ハッピーメールが標的にあったのは不運ですが、まだ摘発を逃れているサービスの方が多いのが実態だと思います。

逆に警察のメスが入ったハッピーメールを使うことは正しい選択なのかもしれません。

-ハッピーメール, 出会い

© 2021 Powered by AFFINGER5