レポート

復縁までの冷却期間、実際復縁の可能性はどれくらい?

復縁までの冷却期間、実際復縁の可能性はどれくらい?

彼氏や彼女と別れた後に後悔してしまい、もう一度やり直したいと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、その時の相手の都合や思い、考えもあるのでやり直すのは簡単ではありません。

こちら側がいくら「やり直したい!」と思ってもすぐには復縁できず復縁するまでに長い期間かかることの方が多いです。

必ず復縁したいという気持ちがあるならある程度の期間をおいて相手の気持ちを徐々に取り戻していきましょう。

今回は、やり直すまでの冷却期間はどれくらいなのか、実際復縁の可能性は高いのか低いのか別れた理由別に解説していきます。

冷却期間は2~3ヶ月、長い人で半年程度

冷却期間とは燃え上がった恋心を鎮めさせ冷静に考える期間のことを言います。

別れ話の時や喧嘩したときなどは振る側も振られた側も考えの整理もついておらず冷静な判断ができません。

そのためやり直ししたい場合は冷静な判断を取り戻すために時間をかけて冷却期間をおくことが大事です。

大体の人が冷静な判断を取り戻すのに「2~3ヶ月」かかると言われています。

人間の怒りや感情は3ヶ月経つとなくなるか、だんだんと薄まっていきます。

復縁を迫るのには2~3ヶ月というのはベストタイミングになります。

しかし、この「2~3ヶ月」というのは一つの目安でしかなく、別れた原因や相手の気質、捉え方によっても違いがありますので状況に合わせて判断しましょう。

復縁垢というジャンルがあるぐらいツイッターでの復縁ネタは事欠きません。

実体験を全国レベルで様々なパターンを見ることができるのでおすすめです。

思わぬ金言に出会うことも少なくありません。

復縁の可能性はどれくらい?復縁の可能性が高い場合を解説!

自分が嫌われて別れたわけではない

「遠距離恋愛など離ればなれになって別れた」「少しの考え方の違いで別れた」「マンネリ化して別れた」などの自分が嫌われて別れたわけではない場合は冷却期間をおくことで「やっぱり自分にはあの人じゃないとダメだ」と思ってもらうことができ、やり直せるかもしれません。

今でも友達のように連絡を取っている

別れてしまったけど何かしらのつながりはあり、今でも連絡を取っている仲の場合は復縁できる可能性があります。連絡を取っていると言うことは嫌われているわけではなく、自分のことを少しでも考えてくれている時間があるということ。

「元気?最近どうしてる?」などと連絡してもう一度自分に好意がないかさりげなく探ってみるのもいいでしょう。

学校や勤務先が同じで別れた後も目にする機会がある

別れた後に、ずっと会えなくなってしまった場合と学校や勤務先などで目にする機会がある場合とでは復縁できるかできないかが変わってきます。

なぜなら、恋愛において単純接触効果が効果的に働くからです。

単純接触効果とは、繰り返し接触することで好意度や印象が高まるという効果です。

ですから、別れた後も職場や学校などで目にする機会がある場合は復縁の可能性が高くなります。

復縁での悩みは青春時代ともリンクします。

別れ話の時に悪印象にならないように別れた

別れ話をしたときにさっと身をひき相手のことを責めるような言い方をせずに別れた場合は、悪印象になっていないので復縁できる可能性があります。

また、好意はあるのにさっと身を引いたことで「あれ?自分のことなんとも思ってないのかな?」と逆に気になる存在になってしまいます。

別れたときの印象の違いで復縁できるかどうかも変わってきます。

復縁の可能性はどれくらい?復縁の可能性が低い場合を解説!

元カレや元カノに新しい恋人がいる、もしくは他に好きな人ができて別れた

別れた後に相手に新しい恋人ができた場合や、もしくは「他に好きな人ができた」と言われて別れた場合はやり直せる可能性は残念ながら低いです。

しかし、新恋人と上手くいっていない場合などは、「前の恋人の方がフィーリングも合っていて良かったな」と思ってもらえるので可能性はゼロではありません。

ついつい占いに頼ってしまうのも復縁にはありがちです。

電話占いヴェルニの評判と口コミを調査

音信不通になった

別れた後に、連絡しても着信拒否されていたり、電話番号を変えられている場合は復縁できる可能性は低いでしょう。

完全にあなたのことを拒否していて嫌われているか、新たな恋に進もうとしている証拠です。残念ながら復縁できる可能性は極めて低いです。

喧嘩や浮気などの原因で相手に嫌われてしまった

大げんかをして別れたり、自分の浮気で別れた場合は相手に嫌われてしまっているので、やり直せる可能性は残念ながら低いです。

しかし、冷却期間をおくことでお互い冷静になり「あの時はあんなこと言ってしまったけどごめんね」と誠心誠意謝ることで相手にまだ好意がある場合はやり直すことができるかもしれません。

新しい出会いを求めつつ、天秤にかかるように復縁を心の片隅におくというがズルいですが気持ちは楽になると思います。

マッチングアプリでの失敗談、こんな男に騙された

まとめ

いくら自分が「復縁したい!」と願っても相手の都合や思い、考えもありやり直すことができない場合もありますが、冷却期間をおくことで冷静に判断することができたら復縁できる可能性はゼロではありません。

また、別れた理由によっては復縁できる可能性もあるので諦めずに復縁のチャンスを狙っていきましょう。

冷却期間の間にもできることはたくさんあるはずです。

例えば、自分磨きをして自分の新たな魅力を引き出すことや、あまりしつこく迫らずに友達関係から良好な関係性を作っていくこともできます。

そして、自分に非がある場合は誠心誠意謝り、前の自分とは違うということをアピールしていくことも大切です。

焦らず相手の気持ちを最優先に考えて良い方向へと向かうことを願っています。

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-レポート

© 2021 Powered by AFFINGER5