華の会メール

華の会メールの退会は簡単すぎます

あっけないほど簡単な華の会メールの退会法

出会い系と聞くと退会方法がやっかいなのではと勘違いしている人が結構いたりします。華の会メールにいたっては本当にシンプルで驚きます。フェイスブックやGmailなどの複雑怪奇な退会方法に比べると、本当にこれだけで大丈夫?というぐらいシンプルでわかりやすいです。普通は退会してもらいたくないので、わざとわかりにくい所に退会ページを設置するというのが多いですが、華の会メールは簡単。ログインしたら一番下までスクロール、すぎに右下の退会の文字がわかるかと思います。(下の図)

 

そうすると一応ちょっとした引き留めのメッセージ的なメールだけ停止することもできますよ、という説明があります。本当に退会してもいい場合は下の画像のように「はい」のところをクリックで終了。実に2ステップで退会までいけるというわかりやすさです。

 

お見合いっぽいイメージの華の会メール

拍子抜けするほどの簡単さに逆に好感をもってしまいます。ただ最初に華の会メールを紹介してからも日に日に利用者数は増えているように感じます。中高年にとってはかなり穴場の出会えるサイトなので、とくに退会する必要はないとは思います。人によってはいやな思い出ができてしまったり、また違う名前で登録し直したいなど理由はあるかと思いますが、かなりの確率で戻ってくる人が多いというのもこのサイトの特徴ではないでしょうか。他に中古年に特化した親切なサイトというのが少ない、他を使ってみて華の会メールに戻ってくる人が多いようです。また華の会メールがやっている「出会いダイヤル」や「ライブチャット」もメールなどまどろっこしいのが苦手な中高年には人気です。今なら初回最大10000円分無料の体験もできるので退会を考えている人も利用してみる価値はあると思います。ログイン後の画面の右下、下に画像貼り付けますが、意外と見逃している人も多いので、昔のテレクラ気分が味わえて実はおすすめだったりします。

いまいちど華の会メールの概要(ここはブライダル専用のお見合い的な要素の強いバージョンも用意されていたり、中高年の心のつかみ方を熟知しています)を知りたい方は華の会メールBridalは本当に終わっているのか?という記事にしているので一読していただければと思います。人生百年時代に突入していると言われています。まだまだ現役、アッチが現役じゃなくても付き合い方はいくらでもあります。とくに華の会メールの地方の人との交流もこれがなかなか奥が深いです。昔の文通感覚でメールのやりとりを深くかわした後に結婚、という話も珍しくありません。また実体験レポートも随時アップしていきますが、つきつめていきたいサービスが華の会メールにはあるということを今回はお伝えできればと思います。

退会前にチェックしておきたい華の会メールのサービス

出会い系サイトの退会理由として多いのがシンプルに出会えない、というか出会うアプローチをせずに消極的にただ人のプロフィールなど見るだけで終わってしまう、そんな人が大半のようです。出会い系ってどんな感じかな、と登録だけして、誰にもメッセージすら送らず、ただなんとなくサイトを巡回してやめてしまう。携帯番号などを登録しているので個人情報消しておこう、そんな感じで退会の手続きを取るかたが多いようです。やめる前にメッセージのやり取りぐらいはしておきましょう。プロフィールはなるべく細かく書く、足あとを残してくれ人に足あとから気になって連絡してみました、といった感じで連絡をとってみるのも自然で受け入れられやすいかと思います。それとサイト内には結構いろんなサービスが用意されているので、十分に使いきってから判断しても遅くはないと思います。運試しおみくじなどもポイントゲットのチャンスが広がりますし、「今日の運命のお相手」をクリックで相手に一回無料でメッセージが送れるサービスもおもしろいと思います。結局ポイントのお金がかかっていくのがネックになるのですが、こういった細かい毎日の特典を利用していくのもバカにならない方法です。「特典チケットガチャ」も1日1回ひけて、掲示板からのメール送信一回無料チケットなど、細かく稼いでいけるサービスが散りばめられているので、メニューの細かいところをチェックしていくのはマストかと思います。また「掲示板への書き込み」これも1日1回無料です。ここに自分から書き込みをするだけでも結構返信はきます。男性側は女性の書きこみに対して反応してメッセージを送るものという思い込みのある人も多いようで、男性の書きこみ率が低いのはあまり知られていないかもしれません。中高年の女性側も積極的な人が多いです。真剣な交際を求めている人が多いのが華の会メールの特徴なので、具体的な内容のある書き込み、そしてそれ以前の自分のプロフィールの内容をしっかりと完成させるのが、一番大事ですが、そこをおさえてくと出会いの幅はぐんと広がっていきます。注意点としては60代以上の男性にある傾向ですが、あまり自慢話的な内容は控えるようにした方がよいかと思います。自分のキャリアなど過去の栄光を聞かされるほどツライことはないということを理解していない人が多いのも事実です。年齢を重ねたあとの出会いで難しいのが、お互いの過去から出来上がってしまった価値観をどうやってすり合わせていくか、難しいポイントですがうまくいかない場合、自分のアピールの仕方をもう一度考えなおすというのも大事ではないでしょうか。

使えるサービスを使い倒してからの退会が賢い選択

公式ツイッターもチェックしておきましょう。

 

-華の会メール

© 2020 Powered by AFFINGER5