ハッピーメール

ハッピーメールの最新熟女事情

ハッピーメールの最新熟女事情

スマホでのマッチングアプリの人気が高まる一方でハッピーメールなどの老舗出会い系サイトもアプリ対応になったり、昔を知らない若い世代も流入してきて、出会い系界隈は盛り上がっているといっていいと思います。

そんな中、中年以降は若い人向けのマッチングアプリで果たして出会えるのでしょうか。

マッチングの決め手で一番の重要ポイントは写真です。

デジタルの進歩でシワはくっきりと写真に写る時代になりました。

アプリでフィルターをかけて若い肌に胡麻化すこともできますが、実際にアポを取った時のギャップに、若い男の子は逃げ出すと聞いています。

中年専門のアプリができればいいのですがなかなか見合ったサービスは見つからないと思います。

そんな厳しい中年の出会いの場として、重宝されているのが昔からある老舗の出会い系。

この記事ではハッピーメールでの最近の中年の出会い事情、熟女事情に触れていきたいと思います。

ハッピーメールの検索機能で熟女を絞れ!

まずハッピーメールで相手をさがすパターンは大きく二つにわかれます。

一つはプロフ検索、もう一つは掲示板での検索です。

まずプロフ検索をクリックして、細かい設定をするには、一番上の虫メガネの検索欄をクリックします。

そうすると細かい移住地や身長、スタイルなどを絞り込んでいくことができるようになっています。

 

そして年齢のところを好みの熟女年齢に設定すれば、あなたをリードしてくれるスケベな熟女が待っているというわけです。

やはり年齢をいくとフォトアプリなどの使い方に疎い人が多く、ストレートに潔く素顔をさらした写真が多く見られると思います。

意外というと失礼かもしれませんが、綺麗な人は多いです。

ただ容姿に自信のある熟女はそれなりに若いイケメンを希望していたりするので、汚いオッサンにはハードルが高くなる可能性も出てきます。

掲示板の方も同様にまずは右上の虫眼鏡アイコンをクリック。

そうするとプロフ検索と同じように年齢が設定できるようになっています。

ここで設定した人が書き込んでいる掲示板メッセージを抽出してくれるというシステムになっているわけです。

熟女に多いのはジャニーズ系求むといった若い子好きのドスケベ奥さんか、割と真剣に友達からはじめて気が合えばお付き合いしましょうという正統派と二つに分かれるような気がします。

若い大学生の男子にとっては入れ食い状態ですし、中年のオッサンにとっても真剣交際を望む人が多いので非常に人材は豊富といっていいと思います。

真剣交際を求める熟女も多し!
若い熟女好き男子にとっては天国!

若い女の子の場合、プロフの写真検索で困るのは出会い系に多い業者がわんさかいること。

写真ではきれなんですが、どう見ても業者、というのが多くて素人を見つけるのが難しい時があります。

その点熟女は正直にプロフィールを作成しているので、変な奴にひっかかる確率は低くなります。

40代といっても最近のテレビタレントなどを見てもわかるように若いです。

セックスに関して女性は50代以降から開花するなんていう話もあります。

普通に若い子を狙っている男性諸君も見方を変えて、熟女の味を覚えるというのもアリではないでしょうか。

精力つけて今日もハッスル!

ハッピーメールでセフレを作る方法!?

どうにも困った場合はお店へGO!

ですが、あきらめる前にハッピーメールの日記機能をチェックしておくことをおススメ。

こんな感じでハッピーメール内の日記機能を使う熟女は多いので、そこにレスしていくことで距離も近づけやすいかと思います。

先に相手がどんな感じの人かがわかりやすいので、メッセージもそこに寄せる感じで出しやすいわけです。

ハッピーメールの日記から相手を釣る攻略法

ツイッターなどのSNSと違って誰にでもオープンにされているわけではないので、こういった出会い系の日記をつける女の人は密かに多いです。

普段はけないディープな毒を日記機能を使って吐いているというわけです。

日記をつけてる人はちょっと重いかもと、避ける若い人も多いので意外と穴場のような気がします。

反応も圧倒的に少ないのでかなりのチャンスだと思います。

誰かに見てほしい、気にかけてほしい、これが出会い系などの一番の欲求なんだと思います。

風俗も普通にツイッターで宣伝する時代ですが、やっぱり限りなく素人を求めていたいというのが男の本音なような気がします。

子持ち真面目主婦がハッピーメールにハマった日/熟女の沼

「あなたごめんなさい」というと、AVのタイトルみたいですが、沼子さん(仮)が出会い系にハマったのはほんの数か月前のことだそうです。

コロナの騒動が始まって最初はそれでも出勤していた旦那さんだったそうですが、4月ぐらいから在宅が増えたそうです。

まず二人の間には高校一年生の女の子が一人、沼子さんは二十代前半でのできちゃった婚なのでまだ現在三十代半ば、見た目は若いと書いてもいいかもしれませんが、年相応というかお子さんがいそうな若めの主婦、お母さんの雰囲気は出ている方だと思います。

旦那さんとは特に仲が悪いということもなく、生活してはいましたがセックスはレス、6年以上はしていない気がするとのことでした。

そんな普通の主婦だった沼子さんがどうして出会い系にハマってしまったのか、コロナとの関係などインタビューを今回は記事にしてみました。

 

命の短さを知ったという結構哲学的な沼子さん(仮)

 

出会い系にはまったきっかけってズバリ何ですか?
コロナで父親が亡くなったんです。癌で弱っていたので直接的にコロナというよりはもう寿命だったとは思うんですが…
それはご愁傷様です。
いえいえ、それで自分も死を身近に感じたというか、もうあと何十年という短い時間で私もああやって灰になっていくのかと思ったら、なにか行動しないとと思って。
それで出会い系ですか?
やっぱりセックスって生きてる証というか、旦那とはもう絶対無理だし、コロナでずっと家にいるのも我慢できなくて。私自身はブログで結構収入を得ていて
私がもともと在宅勤務みたいだったのが息が詰まってしまって、私がカフェとか外にいって仕事するように変わったんです。だから外に出る口実は問題ないし、子供もお弁当作るぐらいで手はかからない年齢になっているので時間は作れるんですよ。
ストレートにセックスが目的だったんですか?
セックスの行為そのものというか自分が必要とされている瞬間がイコール生きている証みたいな充実感があったんですよ。最初の浮気で。この4、5ヶ月で3人の人にあって最後までいったんですけど、一人の人とは子供ができてもいいかなとも思い始めてます。旦那とか娘には罪悪感はあるんですけど、家族といっても結局は一人、一人で生まれて一人で死んでくんだと思うんですよね。子供の面倒は自立するまでは見る覚悟だし、それはもし新しく子供ができたとしても同じですけど。多分動物的に今の主人との遺伝子はもう残してるから違う人のを本能的に求めている部分もあると思います
離婚も考えてますか?
正直考えてます。自分の仕事だけでもなんとかやっていくだけのものはあるので、多分時間の問題で話は切り出すと思います。もちろん新しい子供だって授かるかどうかもわからないし、その相手とも長く続くかわからないし、わからないことだらけが人生そのもので、突き進むだけの金銭的な余裕があるから出来てるんだとは思います。セックスも今はまだ同じ三十代の人しかアポとったことないんですけど、二十代の子とか、もしくは五十代とか上の方でもいいし、セックスを楽しむ淫乱な自分も追求してみたい気にもなってます。
変な人に出会う怖さみたいなのはないですか?
ストーカーみたいな人に合ったらどうしようというのはあるけど、今のところは大丈夫です。そうですねその辺は注意した方がいいかもしれませんね。あまり考えたことなかったかも(笑
とにかくなんか何人斬りみたいに自慢してる男の人いるじゃないですか。そういうのの女版みたいになって人としての幅を広げたいという願望もあります。
とにかくほんと父親が死んで多分私の父はそんなに遊ぶこともなく家庭を大事に生きていたと思うんですけど、どんなに濃い人生だろうとそうでなかろうと死んだら全部終わりでイーブンというかなにもない感じをお葬式で受けたんですね。
こんこと言ってて明日交通事故にあうかもしれないし、癌におかされてるかもしれないし、生き急がないとって真剣に思ったんです。
命短し恋せよ乙女ですね。
そうです!それいいですね。使わせてもらいます。
今のところ好みの人と出会えているみたいですが、コツみたいなものはありますか?意外に女性でもちゃんと出会えないという人がいるんですが。
私もそこはわかりません。勢いでいってしまったというのが正直なところで。女性はどうしても怖さがあるので、アポまで行くのに慎重になりがちだと思うんですけど、でも犯罪者みたいな人に当たる確率もないわけではないけど、実際は低いと思うんですね。イケてない人に出会う確率は高いと思うけどそこはとりあえず会ってみる、で逃げる準備もしておく。私も最初はビビってトイレの位置とか事前にチェックしたカフェで待ち合わせしました。やばかったらトイレに行くフリで逃げようと思っていたので。新宿とか渋谷とかで勝手のわかるカフェを作っておくのがいいのかなと思ったりします…
なるほどそれはいいアイデアかもしれません。外国人なんかは狙ってたりします?
外国人?考えたことないですね。でもメッセージ来てかっこよかったら会うだけは会うと思います。
それいいですね。ヤリマンの幅広がりますね。でも体力的にどうでしょうね、死んじゃうかも。そのベッドで死ぬのはイヤ。

このあとも話は尽きなかったのですが、終始笑顔でなにか若い学生が将来の夢を語るような眼差しで喋っていたのが印象的でした。

取材のあとラインで旦那さんと離婚について話合いを始めたと報告がありました。

家族として死ぬまでその形を守る人もいれば、個々の生き方を尊重する人もいて、そこに絶対的な答えはないと思います。

ふと高校の時の同級生が母親がAV女優とカミングアウトした時のことを思い出しました。

本人は一応見た感じはケロッとしていましたが、内心はどうかわかりません。

子供二人がいる幸せそうな家庭を築いていますが、これも外からみたなんとなくの感想です。

生まれてきた時も死ぬ時も結局一人、沼子さん(仮)の言葉が印象的でした。

 

ハッピーメールには色んな人がいるようです。

オタクの恋愛、出会いはハッピーメール(ヲタ友、ヲタ恋)

 

 

 

-ハッピーメール

© 2021 Powered by AFFINGER5