エンタメ

ミラクルひかるさんの処女喪失話が壮絶

ミラクルひかるさんの処女喪失話が壮絶

宇多田ヒカルさんのモノマネから、勝間光代のモノマネまで幅広いレパートリーでユーチューバーとしても人気のミラクルひかるさん。

彼女が旧知の仲であるゆってぃの恐ろしく再生回数の少ないチャンネル、バリ3TVでカミングアウトした内容が衝撃だったので記事にしてみたいと思います。

アップしてから二ヶ月ぐらいで再生回数が1102回というかなりマイナーなチャンネルでミラクルひかるさんが喋って内容が凄かったです。

番組的には若いころに聞いていた音楽の話をする予定だったようですが、話はなぜか若いころ性事情の話へ。

それはひかるさんがまだ22、3歳のころ一人でハワイに処女喪失のために旅立ったというものです。

ひかるさんはもともと美容学校に通い、美容師としても働いていた経験があるので、そのころの話だと思います。

どうにも男性との縁がなく、このままではヤバいと思ったひかるさんはハワイへ一人旅。

ハワイでナンパ待ちして処女喪失!

目的は現地の人にナンパされて、そのままバージンを授けて未経験を卒業するという普通の人は考えつかない内容です。

しかもアメリカ人というよりはもっとサモア系のごっつい人と実際巡り合って見事初体験を済ませたそうです。

そのときにかかっていた曲がLeneの「Play With Me」という曲で今でも覚えているそうです。

処女はぶっちゃけ何歳からやばいのか?初体験の年齢を調査

Contents1 処女はぶっちゃけ何歳からやばいのか?初体験の年齢を調査2 初体験の平均年齢は?3 リアルに何歳からやばいのか?4 出会い系で処女をなくす人は意外に多い5 女子もAVで勉強する時代6 ...

続きを見る

処女喪失を恋愛とわけて考える女の子は多い

ミラクルひかるさんのように、海外へ一人で処女を失うために行くという行動力、ここまでする人はさすがに稀だと思いますが、出会い系やマッチングアプリなどで相手をさがす人は少なくありません。

十代で同世代のウダウダ言ってる草食男子より、セックスに直結した年上男性に身を預けてさっさと済ませたい、そう考える若い人もいるようです。

とりあずどんなものなのか一回経験しておきたいというのは、男女関係なくある好奇心ですが、大胆な行動に出れるのは女性特有の肝の据わり方でないとできないことかもしれません。

出会い系で童貞を喪失するために登録しても、なかなかうまく事は運ばないと思います。

リードしなくてはいけない男性役は、チェリーボーイには荷が重いかもしれません。

受け身の女性からすると、ある程度品定めできるマッチングアプリなどは、初体験にはもってこいというか、思って行動すれば即実現できる手軽さがあります。

ミラクルひかるさんを見習って、大胆な行動を、とまでは言いませんが、最近はコロナ禍で海外にも行きにくい時代。

うっぷんがたまる男女共、よりマッチングアプリや出会い系の需要は高まっていくのではないでしょうか。

南国に女子だけで行く旅は半分、現地でのセックスが目的だったりもします。
ハメを外せるシチュエーション、状況の演出が女子が大胆になる秘訣かもしれません。

 

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-エンタメ

© 2021 Powered by AFFINGER5