出会い

出会い系やラインで本名は教えるのか?そのリスクと対策

出会い系やラインで本名は教える?そのリスクと対策

 

彼氏がほしいけど、毎日の生活ではなかなか出会いがないから、ちょっと苦手だけど、出会い系アプリを使いはじめてみたという女性もいるんじゃないでしょうか。

 

そんな出会い系で、もしいいなと感じた人を見つけた時、本名を教えることに抵抗を感じる人もいるんじゃないかと思います。

 

そこで今回は、どこまで自分のことを相手に伝えたらいいのかわからないという女性に向けて、出会い系やラインで本名を教えるべきか、そのリスクや対策についてご紹介します。

 

この記事を読むことで、出会い系などをとおしての犯罪や危険に巻き込まれるリスクを減らすことができます。

 

出会い系やラインで本名を教えることのメリットとは?

 

出会い系で本名を教えることのメリットはほぼありません。

 

もしも、相手から本名を聞かれて、断るのが悪いと思って素直に教えてしまった場合、聞いてきた相手は、「え?本当に教えてくれた」「普通教えないでしょ。危機意識少ない子なのかな?」などと思われてしまいます。

 

自分で質問しておきながら、実際に教えてくれるとは思っていないからです。

 

また、会ったことのない相手とライン交換をする場合には、必ずラインに登録してある名前をニックネームにするなど、設定を変えておくのがポイントです。普段からツイッターやメールなどでも本名が設定されていないように習慣づけるのが現代の常識になっていると思います。学生で就活に使うfacebookやメアドでは本名の設定は必要でしょうが、それ以外はプライベートでの友達とのやりとりでも名前はニックネームにしておくべきです。社会人の場合は仕事用とプライベートをわける、これは必須かと思います。

仕事用とプライベートのアカウントの区別は必須!

メアドの送信者の名前の設定をちゃんとしていない人が意外に多いです。注意!

 

ハッピーメールでのライン交換はOKなのか?誘導業者に注意!

  ハッピーメールでのライン交換はOKなのか?誘導業者に注意! ハッピーメールはご存知の通りメッセージのやり取りをするのに課金されます。 野郎の気持ちとしては早く有料のやりとりから抜けてライ ...

続きを見る

出会い系で本名を教えることのデメリットについて

 

その1 素性が相手にばれる

 

まじめな婚活サイトなどと違って、出会い系サイトの利用者は、そもそも本名を最初から隠している人や、ニックネームを使用している人がほとんどです。プロフィール画像も、実際には別人の画像を使用しているという人も結構います。

 

そんな自由な環境のなかで、あえて本名を伝えてしまう必要はありません。

むしろ、「本名まで教えてくれた。ラッキー。」「ちょっとフェイスブックでどんな子なのかチェックしよう」などと、余計な情報を相手に与えてしまうことになります。

 

何の気なしに相手に教えてしまった情報がきっかけで、最悪の場合、さらに多くの自分の個人情報が相手に知られてしまうリスクもあります。

 

フェイスブックなどを普段使用している場合、投稿内容から自分の住所などを特定されてしまうこともあります。

そもそも本名をアプリ上で聞いてくる時点でブロックしてもいいと思います。ネット上にはあなたが考えている以上に詐欺目的で徘徊している人間がいることを理解しておきましょう。

 

 

その2 個人情報の流出の危険性

 

出会い系利用者にはいろんな人がいます。なかには他人の個人情報を悪用しようとする人もいます。どこから個人情報が流出するかわからない時代といえます。

 

ラインでも同じことがいえます。よく知らない相手には、できるだけ個人情報は教えない方が安全です。ラインに登録名については、フルネームは避けるのがおすすめです。

「晒す」という言葉が流行語大賞のように使われ始めています。写真なども含め取り扱いには要注意です。スマホの撮影の設定なども今一度確認してみてください。スパイ映画ではないですが、瞳に反射している情報から個人を特定することもできる世の中です。最悪バレてもいい健全なつきあいを心掛けるのが最低限できることでしょうか。

逆に晒してもいい恥ずかしくない行動をとるという方法も!

出会い系を上手に利用する方法・対策について

 

もし、相手から本名を聞かれたり、個人的な情報を聞き出そうとしてきた時は、無理に教えずに断りましょう。

 

ただでさえ個人情報の取り扱いが厳しくなってきている今、出会い系で自分の本名を進んで相手に教えたいなどと思う人はほぼいません。

 

特に本名を教えなくても、メッセージのやり取りに問題はありません。もし、しつこく本名を聞いてくる場合には、何か裏があるととらえた方がいいでしょう。

 

断り方としては、「もう少し仲良くなってから」「まだ知り合ったばかりだから教えられない」などと、上手く避けるのがおすすめです。

 

また、本名以外にも、勤め先の会社名や、普段頻繁に利用しているカフェや施設など、具体的な場所の名前などはできるだけ相手に教えないようにするのが、より安全です。

 

万が一、ストーカー気質のある相手だった場合、犯罪などのターゲットとなってしまうケースもゼロではありません。

こんなかわいいストーカーは実社会ではいませんので…

 

本名を教えるタイミングはいつ?

 

本名を教えるタイミングとしては、相手と仲良くなってからが基本です。そして、実際に会うような仲になって、この人なら大丈夫そうだと感じた段階で、教えるのが1番リスクが少ないでしょう。完全に付き合うという段階で教えるで問題ありません。本名を教えないからといって、疑ってくるやつは切ってしまって大丈夫です。もしくは付き合ってしばらくは偽名でもいいくらい?本当にこの人大丈夫、そう思ったタイミングでカミングアウト的に本名を教えるというのも現代ではアリだと思います。

相手と仲良くなるまでは、無理に教える必要はありません。

みんな芸能人のように全てを晒す時代がくるかも?

出会い系やマッチングアプリをやっている人にも2パターンあって、真剣に恋人や結婚相手を探しているパターンと単純に遊び相手を探している場合です。割り切って遊び相手を探している場合は、偽名で貫き通すというのもありかもしれません。別人格を形成してリアルとは別の生活を演じてみるのもおもしろいかもしれません。

まとめ

 

  • 出会い系やラインで本名を教えるデメリットは、相手に自分の素性がバレる、個人情報の流出につながる、悪用されるなどの危険性がある。
  • 出会い系やラインで本名を教えることのメリットほぼなし。素直に教えてしまうと危機意識の低い女性だと思われることも。
  • 本名や個人情報を聞かれたら、無理に教えないのが1番安全。「仲良くなってから」、「まだ知り合ったばかりだから」などとうまく避けよう。
  • 本名を教えるタイミングは、仲良くなり実際に会ってみて、この人なら教えてもいいかな感じた時がおすすめ。それまでは無理に教える必要なし。

いかがでしたか。ネット時代の今は、自分の身は自分で守る時代です。守るべきところは、しっかりガードして、賢く出会い系やアプリを利用していきましょう!

-出会い

© 2020 Powered by AFFINGER5