レポート

ホストにハマりやすい女子の傾向と脱却方法について

Contents

ホストにハマりやすい女子の傾向と脱却方法について

「ホストはお金がかかるのになぜハマってしまうんだろう…」

「もしホストにハマってしまったらどうすればいいの?」

 

きらびやかな空間でイケメン達がもてなしてくれるホストクラブ。

一晩で数百万ものお金が飛ぶこともありますが、それでもホストにハマってしまういわゆる「ホス狂い」の女子は多いです。

 

実は、ホストにハマりやすい女子達にはある傾向がありました。

 

今回はホストにハマる女子の心理や傾向、ホストにハマった末路、ハマってしまった場合の脱却方法などを解説します!

 

ホストにハマる女子の心理3つ

傍から見ていると、高額のお金を貢いでまでホストにハマる女子の心理はなかなか理解しづらいでしょう。こちらでは女子がなぜホストにハマるのか、その心理を徹底解明します。

 

ホストにハマる女子の心理1. 現実逃避がしたい

ホストクラブは薄暗く、ベルベットの絨毯に革張りの大きなソファ、きらびやかなシャンデリアなどゴージャスな空間になっています。

その上、スーツで正装したイケメンの男性陣が女性の話を丁寧に聞いてくれたり、ときには派手に盛り上げたりとちやほやしてくれるので、女性はお姫様気分を味わうことができます。

ホストにハマる女子は現実に不満や退屈さを感じている人が多く、だからこそ夢のようなこの空間で現実を忘れて楽しみたいと思っているのです。

 

ホストにハマる女子の心理2. 自己肯定感を高めたい

普段の生活で、女性を手放しに誉める男性はなかなかいないはず。

しかしホストは女性心理がわかっている人が多いので、外見から内面まで巧みに女性を褒めます。

そのため、普段男性から褒められることが少ない人や、自分に自信がない人ほどホストの接客に心を奪われてしまう人が多いのです。

ホストにハマるということは「自分に自信を持ちたい」「自分は大丈夫だと思いたい」という心理の表れとも言えるでしょう。

 

ホストにハマる女子の心理3. 好きな男性を独占したい

「好きな人を独占したい」という心理は誰もが持っているものです。

しかし普段の生活でいくら人を好きになったとしても、その人を独占できる保証はありませんよね。

一生懸命に努力をして「好きです」と告白しても、相手が「ノー」であれば叶うことはないわけです。

その点ホストクラブは、好きなキャスト(担当)のために課金をすれば独占できるというシステムになっています。

このルールに乗っ取りさえすれば、普段なら手の届かないイケメンすらも独占できる上、通えば通うほどあなたを常連客としてちやほやしてくれるのです。

そのため、女性は好きな男性をより独占したい、より役に立ちたいという思いから、どんどんホスト通いにハマってしまうのです。

 

ホストにハマりやすい女子の傾向4つ

ホストクラブは女子にとって夢のような場所ですが、人によってハマる、ハマらないがはっきりと分かれる場所でもあります。「ホス狂い」と呼ばれる人達には明確な共通点があるのです。こちらでは、ホストにハマりやすい女子の傾向をご紹介します。

 

ホストにハマりやすい女子の傾向1. 家庭環境が複雑

ホストにハマる女子の中には、親と仲が良くない人が圧倒的に多いです。

なぜなら親との関係が悪い人は、愛情不足に陥っており「人に認められたい」「人に求められたい」という承認欲求が強いからです。

このタイプの女子はホストクラブに限らず、ダメンズにハマって尽くしてしまうような恋愛傾向もあります。

好きな人からの愛情を得たいがために、お金も心も捧げてしまうのですね。

 

ホストにハマりやすい女子の傾向2. オタク気質

好きなアイドルや俳優、アニメやマンガにとことんハマってしまうような人はホストにもハマりやすいです。

オタク気質の人は感情が揺さぶられるような刺激を常に求めているため、ハマれそうなものがあると、つい我を忘れてすべてを捧げてしまう傾向があるのです。

また、芸能人やアニメキャラを好きな場合は、相手からレスポンスが返ってくることはまずありませんが、ホストの場合は実際に構ってもらえます。

そのためオタク気質の人がホストに行くと、すぐに推しを見つけてずぶずぶとハマってしまう人が多いのです。

M男必見!ドS女子の見つけ方

ホストにハマりやすい女子の傾向3. 人に尽くす仕事をしている

職業でいうと、風俗業、保育士、介護士、看護士といった仕事をしている女子はホストにハマる人が多いです。

共通点としては「激務」「出会い(ときめき)が少ない職場環境」「人のために頑張っている」といった点が挙げられるでしょう。

「たまには尽くされたい!」という軽い気持ちでホストへ来て、愚痴を聞いてもらったり励ましてもらったりするうちに、その居心地のよさにハマってしまったという人が多いようです。

仕事柄、献身的な性格の人が多いため、気に入ったキャストを支えてあげたいという気持ちも人一倍強いのでしょう。

特に風俗業の女性はホストになら仕事のことをあけすけに話しても受け入れてもらえるため、より依存してしまう率が高くなっています。

 

ホストにハマりやすい女子の傾向4. 負けず嫌い

担当が他の客と被っていた場合、自分がより良い扱いを受けるためには人一倍多く通ってお金を落とす必要があります。

普通の性格の人なら「これ以上はちょっと…」と見切りをつけられるのですが、負けず嫌いな人はそれができません。

自分の好きな人が他の女の横にいたり、他の客が自分より高額なボトルを空けていたりすると、負けたような、惨めな気持ちになってしまうのです。

そのため、誰よりも担当の太客になろうとホス狂いになってしまうのです。

パパ活体験談、初心者に贈る気をつけたいポイント

ホストにハマった女子はどうなる?代表的なパターン4つ

ホストにハマると、実生活においてさまざまな支障をきたします。その影響はお金や仕事、さらには人間関係にまで至ることも。こちらではホストにハマった女子が陥る末路を4つご紹介します。

 

ホストにハマった女子の末路 パターン1. 引き返すのが難しくなる

「サンクコスト効果」という言葉をご存じでしょうか?

これは投資などで、すでに損失が出ているにも関わらず「これだけお金や時間、労力をかけたんだから」と引き続き投資をし続けてしまう心理現象を指します。

これはホストにハマった女子にも言えることで、支払い金額が増えれば増えるほど「これだけ払ってきたんだから」と感じてしまい、逆にホスト通いがやめられなくなってしまうのです。

 

ホストにハマった女子の末路 パターン2. 夜職を始める

ホストにハマった女子が使う金額は1晩で数百万円という世界です。

これは普通の人なら驚く数字かもしれませんが、ホス狂いには普通のこと。

しかし多額の支払いを続けるためには普通の会社員ではまず無理なため、大半の人はキャバクラやデリヘルといった夜職を始めます。

それでもお金に困る場合は昼職をやめて夜職一本になったり、AV女優や、高級ソープ嬢になったりとどんどんレベルアップ。

「ホスト通いのお金を稼ぐためならなんでもする」というメンタルになってしまうのです。

 

ホストにハマった女子の末路 パターン3. 人間関係が悪化する

ホストにハマると、四六時中ホストのことばかり考えてしまうという人は少なくありません。

そのため、普通に恋愛をすることが馬鹿らしくなったり、友達と遊ぶ時間やお金がもったいないと感じたりしてしまうので、仲の良かった人達がどんどん離れていってしまいます。

一方、ホストの話ができる友達とは楽しい関係を築けるので、周囲の友人がすべてホス狂いといった状況にもなりがちです。

 

ホストにハマった女子の末路 パターン4. 婚期を逃す

ホストにハマる女子で最も多い年齢層は20代です。

20代と言えばまだまだ若く、高額の支払いが発生しても仕事で取り返せるため、よりホストにハマりやすいとも言えます。

しかし、若いうちにホストにハマってしまうと普通の恋愛では物足りなくなってしまうため、周りの男性に興味が持てなくなります。

たとえホスト通いをやめられたとしても、普通の恋愛感覚を取り戻したり、ホストなしの生活に楽しさを見出したりするには数年かかるでしょう。

そこから「結婚したい」「子どもが欲しい」と思っても、時すでに遅しということになりかねないのです。

 

ホストから脱却するための4つのステップ

ホストに一度ハマってしまうと、抜け出すことはなかなか難しい問題です。しかし過去にホス狂いであってもなんとかホストを卒業したという人達は現実にいます。こちらではそんな人達の声をもとに、ホストから脱却する方法を段階別にまとめました。

 

ステップ1. 日常で楽しいことを見つける

まずはホストありきの生活から徐々に抜け出していくことを目指しましょう。

そのためには、ホスト以外の楽しみを日常生活の中で見つけることです。

世の中では一体何が流行っているのか、友達は何にハマっているのかをリサーチし、とにかく手あたり次第に試してみましょう。

注意点としては「このお金があればホストに行けるのに…」と思わないことです。

これは一種の依存治療なんだと自覚して、思いっきり打ち込みましょう。

 

ステップ2. ホスト卒業を目指す仲間を見つける

タバコやアルコールと同じで、これまで楽しんできたことを自分の意志でやめることは苦痛なものです。

しかし「ホスト通いをやめたい」と思っている人は世の中にたくさんいます。

そんな人達とSNSなどを通じて知り合い、お互いを励まし合うのもいい方法でしょう。

「辛いのは自分だけじゃない」と思えることで、孤独感も癒されるはずです。

注意点としては、「本当にやめたい」という意志の固い人とのみ仲良くなることです。

軽い気持ちの人と付き合うと、逆にホス狂いに戻ってしまうケースもありえます。

 

ステップ3. 一般の男性と交流する

ホストの接客に慣れてしまっている場合、一般男性にはあまり興味を惹かれない人も多いでしょう。

しかし、ホスト通いをやめると「男性と楽しく話したい」という欲求が少なからず出てきます。

恋人を作ることが最善の策ですが、もし難しい場合は気が合う男友達を見つけておくのがいいでしょう。

「寂しい」と感じるとホストに駆け込みたくなるので、SNSやマッチングアプリで話し相手を作っておくだけでもずいぶん気が紛れるはずです。

 

ステップ4. ホストの連絡先やSNSアカウントを削除する

そろそろこのあたりでホスト通いをきっぱりやめましょう。

そして、この段階でホストの連絡先や関連SNSをすべて削除、ブロックしてしまうことです。

少しでも情報を取り入れてしまうと、これまでの記憶が呼び戻されて「私が彼を支えないと…」という心境にもなりかねません。

「どれだけ担当にお金や時間をかけても、彼は私の人生の責任を取ってはくれない」と肝に銘じて、あなた自身の人生を大切にするためにも、すっぱりと縁を切りましょう。

女子がホテルに誘ってほしいタイミング、仕草などを教えます

まとめ

今回は「ホストにハマりやすい女子」をテーマに、その心理やハマリやすい女子の傾向、ハマってしまった場合の脱却方法などをお伝えしました。

ポイントは以下の通りです。

 

・ホストにハマる女子の心理は「現実逃避がしたい」「自己肯定感を高めたい」「好きな男性を独占したい」の3つ

・ホストにハマりやすい女子は「家庭環境が複雑」「オタク気質」「人に尽くす仕事をしている」「負けず嫌い」といった傾向がある

・ホストにハマるとおおむね悲惨な結果になる

・ホストから脱却するには日常の楽しみを見つけるor男友達や恋人を作るのがいちばん!

 

ホストクラブは初回料金が非常に安いこともあり、最初は誰もが好奇心で足を運ぶようです。

しかし、女性の性格によっては知らず知らずのうちにホスト通いがやめられなくなり、気がつけば「ホス狂い」になっていたということも…。

 

ホストクラブは節度を持って遊べば楽しい社交場です。

ホストへ興味を持っている人や、今まさにホストへ通っていてヤバイかも?と思っている人は、ぜひこの記事を参考に自分は大丈夫かチェックしてみてくださいね!

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-レポート

© 2022 コイドキ Powered by AFFINGER5