出会い

出会い系アプリとセックス依存症

出会い系アプリとセックス依存症

1000人斬り続出のネット社会

ネットの出会い系アプリがない時代、テレクラやダイヤルQ2などが出会いの受け皿となってセックスをしたい男女を結びつけていた。不満の溜まった主婦たちが金銭目的でなく、純粋にエッチを求めてテレクラや伝言ダイヤルなどには多数出没していた。普段は普通の主婦、外で知らない男とセックスした後も屈託なく笑って、これからスーパー行って子供たちの夕ご飯の準備、そんな光景は珍しくなかった。そして今も変わらずに既婚者たちの外でのセックスは続いています。その数や割合、誰か統計をとっている人はいるんでしょうか。ラブホテルの経営状況を見てる感じではネット社会になったからといって急激に不倫や浮気、セックスの全体的回数は増えているようにも見えません。この生物学的バランスはなんなのでしょうか。景気動向と連動するわけでもなく、不倫には絶好のツールが世に出回っていても爆発することはない性的衝動、不思議です。
いわゆるセックス依存症といわれる人の意外なところは、性的な行為そのものというよりは、その行為からくる精神的な満たされ感の方が優先されている傾向にあるというところではないでしょうか。性的に結ばれることで一人ではない確証を得て、それが射精のトリガーになっている人や、自分が必要とされていることを認識することでそれがオーガズムにつながっていく女性など、コミュニケーションのゴールにセックスが最高の形で待っていることを味わってしまった人たち、そんな印象を受けたりします。人が好き、人と話すのが好き、新しい価値観に出会って感動するような感覚で次から次にセックスを求めていく人たちは、コミュニケーションの達人でもあるのだと思います。男の場合は征服欲のかたまりでそれこそ斬る感覚の人も多いかもしれませんが、女性の場合は精神的な部分での快楽(肉体的に例えばクリトリスを刺激された時の快楽ではなく)を求めて出会い系アプリにハマる人も多いのではないでしょうか。人数をこなしていくうちに知らない人でないと快楽のスイッチが入らない、そんな人もセックス依存症には多いようです。だから続いたとして2,3回、それ以上のつきあいでは感じることができない、知らない人とキスすることで入るスイッチが回を重ねて知人になってしまった瞬間に入らなくなる、だからセフレとしても長く続かない、そんなパターンもあるようです。

体を売り続ける商売の女性も基本的には自分の存在を認めてほしい欲求が根底にはあるようです。生きるための手段として、お金をもらうことも重要ですが、自分が必要とされる喜びがなかったら続かないのではないでしょうか。かわいいと褒められる、体を褒められる、単純な嬉しさかもしれませんが、複雑な嬉しさなんてあるんでしょうか。褒められたい欲求はSNSでのイイねにある承認欲求と同じ、人間がつねに必要としているものなのかもしれません。体のエネルギー源は食べることで得られますが、心のエネルギー源はなかなか得にくいのが現実で、それが出会い系にはちょこちょこ落ちている、これが男女ともにハマっていく原因ではないでしょうか。とにかく褒める、これが出会い系で会った相手を落とす一番の攻略法だと思います。容姿を褒める、持ち物を褒める、ファッションセンスを褒める、趣味を褒めるなど、相手が苦笑いするぐらいに褒めてみてもこれは効果的です。褒められて、口先だけとわかっていてもイヤな気持ちにならないのが人間の不思議なところで、この褒めちぎり作戦をしつこく続けていると相手の心がぽきっと自分の方向に折れてくれる瞬間を感じることができると思います。いまいち自分の趣味ではないかもしれないという相手でも、褒め続けることでもしかしたらほんとにこの子かわいいかもと自己暗示にかける効果もあるので出会い系の相手と最速で寝るにはこの方法がベストだと思います。この子は抱けないかも、と思った心の小さな声は相手も敏感に感じ取っています。相手が自分を無理だと思っているならこっちだって無理、お互いに人間の見えないセンサーはかなりの高精度なわけです。自己暗示でもいいからこの子はかわいいと念じ続け、それを続けることで相手の心をこちらにすり寄ってくる、和解の握手みたいするキスだけでも、あっ、イケると自分の股間が反応していることに驚くと思います。1000人斬りのような伝説のヤリマンと言われる人もポチャポチャの不細工だったりします。しかしその心の広さというか、ある種の教祖的な万人への愛の境地のような所に立っている人がいたりするわけです。それは男でもハゲ頭の冴えないルックスのサラリーマンで、自分の財布を緩めることなく何百人と女をはべらす達人がいたり、やはり答えは「愛」そういうことなんでしょうか。もはや芸術の域です。ASKAさんが言っていました。ある程度長く歌をやっていると自分に限らずみんな気づいていくと、すべては結局「愛」なんだと、それを恥ずかし気もなく歌えるようになったと。「愛」を実践するためのツールとして最強のアプリがある時代に生まれて我々は幸せなのかもしれません。変な美人局に会った時も、「愛」でいどめばもしかするとトラブルもなく回避できるのかもしれません。「愛」の境地に立つための修行としての出会い系、そんな見方もありなんじゃないでしょうか。

ハッピーメール!それでも中年が出会いを求める理由

-出会い

© 2021 Powered by AFFINGER5