出会い

出会い系の変わった住人たち

出会い系の変わった住人たち

ヤリモクお断りは本当にお断りなのか?

スマホの普及と共に出会い系のアプリも名前を変え、最近ではマッチングアプリと言われることの方が多いかもしれません。

ペアーズやらタップルやら新しく出てくるアプリの数には正直ついていけない人もいるのではないでしょうか。

気軽に人とつながるためのツールとして、以前あった出会い系イコールセックス、援交というイメージからは脱却しつつあるのかもしれません。

しかし業者は相変わらずこまめに書きこみを繰り返し、時には垢バンもくらいつつ日々獲物をさがして頑張ってはいるようです。

そこでこのマッチングアプリでのヤリモクお断り問題が、アプリ普及に伴って増えてきているのは男性なら感じるところがあるのではないでしょうか。

出会系なんだから、最終的に男と女がやることはセックスに決まってるだろう、というのははたして昭和の男たちの幻想なのか。

出会い系に書き込みしといてヤリモクお断りと書く時点でおかしいだろうと憤慨するオヤジも多いと思います。

しかしこれは女性側の最低限の防御策というか、ただヤルために登録してるんじゃないですよ、という自分への言い訳のようなものかもしれません。

どこかに抜け道を作っておくのは女性の本能のような気がします。

逆にやりたいので登録しました、バンバンはめてくれる人募集中ですなんてイタイ書き込みもできないでしょうし、その書き込みに反応してくる輩もそうとうヤバくなる確率は高くなるわけで、要はアプリだろうが、合コンだろうが、社内恋愛だろうが、気が合えばセックスまでいくけど、その気分になるかは相性の問題です、という根本的なところで出会いにヤリモクもなにもないという現実を女性側がつきつけてくれているのかなあと解釈したりしています。

短編小説を送り付けてきた女

奈々子さん(仮名)と知り合ったのはワクワクメール内の日記をなんとなく見てたところから。

この手のサイト内で日記をつけている子は基本的にやばそうなのでスルーなんですが、出身地が同じっぽいことや内容が結構普通で好感がもてたのでこちらからメッセージを送ってみることでスタートしていきました。

プロフ欄にはヤリモクお断りが書かれていたのもおもしろいというか、ワクワクメール内でこの言葉はあまり見ないのでちょっと興味をひかれたというのもあります。

正直ヤリモクの人しかいないワクワクメール内で場違いなアートの話題やサブカル的な日記をつけている奈々子さんに少しづづ興味を持っていきました。

私自身M美大出身だったので、やりとりをしていくうちにT美大じゃないですか、という感じになってきたので今度清澄白河でコーヒーどうですか、と誘ってみたのが最初のデートでした。

もうそんなに流行っているわけでもなかったサードウェーブ的カフェから東京都現代美術館というベタな流れでいいかなと思って誘ったんですが、カフェで私美術館嫌いの一言を聞いてとまどう私。

ちなみに奈々子さんのルックスはプロフにもあったとおりポチャポチャでした。ここの太めに関するところはやや謙遜気味な人が多いのですが、彼女の場合は正直に書いていたということかもしれません。

セックスは、ないかな、その時私が感じた正直な気持ちです。彼女は彫刻を専攻していたようですが、当然彫刻を勉強していざ就職となってどこへ行くんだという話なんですが、彼女はまったく関係のない美容系の会社の事務という選択をして、日々会社の同僚とバトルする毎日を送っているようで、日記では見せていなかったダークな一面が直接会ってみると一気に噴出した感があって、やっぱり日記の子には手を付けないに限るのかなあと思いながら小一時間彼女の話を聞いていました。

適応障害とかその手の病んでる日記の人が書く内容を面と向かって浴びせられる感じはちょっと厳しかったです。

アートの話とかできるのかと思っていたらまったくそこには乗ってこず、ほとんどが会社の人の愚痴とジャニーズの話、日記に書いていた草間彌生のこととかはなんだったんだと思いながら(この方もかなりヤバめですが)最後は結局コンサートで使うルミカライトについて熱く語ったところでお開きになりました。

「お腹すいたかも」という彼女のさりげない「おごってけよ、この野郎」的な圧力をスルーして、私はなんどもスマホを見る演技をしながらちょっと急ぎの仕事が入ったというバレバレの嘘をついてその場を離れることに。実際カフェでの後半は私の方がかなりトーンダウンしてしまって、しかしそこを気にすることなく喋りつづける彼女は逆に大人だなあと感心する一面もあったのですが、やはり負のオーラがすごかった。つぶされる、そんな恐怖もすこし感じていました。

そして連絡することもなく一週間がすぎたころ、私の個人的なGmailの方に奈々子さんからメールが届きました。

どうやって私のメアドを知りえたのか、メールを開いた時の戦慄はいまでもはっきり覚えています。

事件性のニオイのする新聞一面の記事がちらつく瞬間というかなんというか。

そしてそのメールにはあの時はパスタが食べたい気分だったと短く書かれていて、ワードのファイルが添付されていました。

彼女が書いたのかなんなのかわかりませんが、短編小説がひとつ。

こわすぎるじゃねえか。

まだ暴力的にプロの人に脅される方がまし、そんなことを思いながら添付されたファイルを読もうとしたんですが、1ページ目、マカオにギャンブルをしにいく女の旅の準備段階で、缶切りをいれなきゃだめだし、とかソラマメ買いに行く前にオナニーするのを忘れないように、とか意味不明で凍り付く内容だったので、もうそれ以上読む勇気はこちらにはなく即ゴミ箱へ。

こわいよ、こわいよお母さん、と年甲斐もなく震えたものです。とにかくスルーしかない、頼むからこれ以上絡んでこないでくれ、そう願いながら二年ぐらいがすぎています。

いまのところ大丈夫、しかしどうやってメアドを突き止めてきたのか、ネットってこわいですね。奈々子さん工作員説を私は唱えているんですが、ワクワクメールからは消えていったようです。またどこかの出会い系で鉢合わせることがないように、毎日祈っています。

ワクワクメールのミドルエイジ枠がアツイ!

オムツをする変態少女

プロフの写真だけ見ると、グラビアやアイドル活動をしていてもおかしくないレベル。

実際売れないアイドル系の子やメイドカフェで働く女の子などのパパ活に近い書き込みは出会い系によくある風景です。

そんなミサ(仮名)ちゃんと待ち合わせたのは池袋の東急ハンズ前。

そこからすぐのポケモンセンターに行きたいという話に事前のメッセージのやりとりになっていたので、サンシャインすぐ近くのハンズまで待ち合わせしました。

10分ぐらい前い着いたのですが、彼女とおぼしき少しロリっぽい服装の子がすでに立っていたので声をかけました。

かわいい、非常にかわいいというのが第一印象。

こんなの子がおっさんと出会い系かと、自分が置かれているシチュエーションに興奮しながらポケモンセンターへと向かいました。

ポケモンGOの話など当たり障りのない程度にしながら、割と長めの通路を進んでいきました。

ポケモンセンターに着いたあたりから少し彼女の様子がおかしい、モジモジしながら若干エロめの質問をこちらに投げかけてくる。

「よく出会い系使うんですか」

「エッチとかすぐやるんですか」

「今までいやらしい女子とかいましたか」

とか、エッチに興味津々な思春期の女子のような質問をストレートにぶつけてきました。

「やれる」と心の中でつぶやきながらセンター内をうろうろ偽カップルのように歩いていると、リザードのぬいぐるみを持った彼女が突然驚きのカミングアウト。

「あたし今オムツはいてるんです」

「えっ?」

謎すぎる告白に返す言葉をさがす私。

要約すると彼女はオムツをはいて街中にでかけ、オムツ内におしっこをするのが趣味とのこと。

背徳感?に興奮するようです。

わからなすぎるシンプルなエロマインドしかない私は言葉が詰まってしまうだけ。

ポケモンセンターから出たところで彼女は立ち止まって、

「してもいいですか」

と私の手をにぎってきました。

こいつ今ここでおしっこする気か、正気か、と思いつつノーと言えるわけもなく軽くうなずきました。

スカトロ系全般苦手な私は微妙な空気に。

でも彼女の私の手を握る力は強くなってきます。

「ホテルできれいにしよっか」

ただのヤリモクな私が出せる言葉はそのくらい。

彼女はうなずきながらももう一つのリクエスト。

通路の少し人目のつかないデッドスペースのようなところで、乳首をつねって欲しいというお願い。

こんな変態娘が存在することに畜生と思いながら、シャツの下に手を入れて彼女の乳首をつまみ力を入れる。

終始手をつないでいた私たちは公の場でスケベ行為をして興奮するカップルのようになっていました。

その後近くのホテルに直行しておさまりきらないペニスを彼女に差し込んだわけですが、肝心のセックスの方はどちらかというとマグロより。

普通のセックスはさほど興奮しない様子でした。

帰り際もまた替えのオムツをはいていく彼女をみて、かわいいんだけど次はないかもと直感しました。

向こうもたぶん同じ感覚だったと思います。

駅で別れて、その後お互いに連絡をすることはありませんでした。

見ず知らずの男に都度、自分の変態ぶりを披露して興奮する、これを繰り返しているのでしょうか。

街のどこかで彼女が今日もおしっこをもらしているのかと考えるとなんとも不思議な気持ちになります。

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-出会い

© 2021 Powered by AFFINGER5