出会い

自分に気がある?と勘違いさせないために女子が気をつけるべきこと8選

自分に気がある?と勘違いさせないために女子が気をつけるべきこと8選

 

「え~私にはそんなつもりはないのに…」と男子から気があると勘違いをされた経験はありませんか?

 

そういう男子の勘違いは、女子からすればいい迷惑だと感じる場合もあるでしょう。

 

普段から期待をさせない言動をとるようにすれば、困ってしまう事態を回避することもできます。

男子が勘違いをしてしまう理由

 

女子からすれば迷惑な状況ですが、いきなり勘違いをする人はいません。

 

このような理由があるから、ついつい思い違いをしてしまうのです。

本能で女子を追ってしまうから

 

男子が勘違いをするのは、本能で女子を追ってしまうからという理由があります。

 

自分の子孫を残したいと思うのは、男子なら誰でも持っている本能。

 

そして子孫を残すためには、女子を追う必要があるのです。

 

男子には出産をすることができませんので、子孫を残すためには女子が必要不可欠な存在になります。

 

つまり、男子は無自覚で本能的に女子を追ってしまうということでしょう。

 

本能で女子を追ってしまうために、女子から少しでも優しくされたりすると、もしかして…と勘違いをしてしまうのです。

女子の行動が原因になっている

 

女子の何気ない行動から男子がひょっとして俺のこと…と勘違いをすることもあります。

 

一般的に脈アリだという行動をされれば、誰でも勘違いをするもの!

 

  • 友達以上の距離感で接してくる
  • LINEなどの連絡が毎日のようにくる
  • 常に笑顔で接する

 

男子に対してこのように接していると、わざとしてるの?と思われても当然になります。

 

つまり女子の行動がキッカケで、判断を鈍らせてしまっているのです。

女子が勘違いをさせてしまう原因

 

先ほども少し触れていますが、女子の行動1つがキッカケになって勘違いをさせてしまうこともあります。

 

女子にとっては意外な部分がキッカケになってしまっているのです。

性格が原因

 

女子が勘違いをさせてしまう原因の中には、女子の性格が関係する場合があります。

 

世話好きの性格や、明るく人懐っこい性格の女子は、男子に勘違いをさせてしまう危険が高い!

 

世話好きの女子だと、皆んなと食事などに行くと取り分けたりしてしまいますよね?

 

あれこれとアドバイスをしてしまう場合もあるでしょう。

 

いつもと同じ行動でも、男子からすれば思い違いをさせるキッカケになってしまいます。

 

また、明るく人懐っこい性格の女子も、挨拶をするなどには笑顔で接するのが基本のはず。

 

会話をする・しないに関わらず、視線が合ったら笑いかけるなども当たり前の行動でしょう。

 

しかし男子からすれば、それらの行動は当たり前ではありません。

 

このように、女子の性格によっては当たり前の行動でも、勘違いをするキッカケになっている場合もあります。

線引きが出来ていない

 

女子が勘違いをさせてしまう原因は、線引きが出来ていない場合もあります。

 

友達と思っている相手にも、気がある相手にも同じ接し方をしてしまう女子もいるのです。

 

または、友達に対しても距離感や接し方が近い女子もいるでしょう。

 

友達と彼氏への接し方というのは、ある一定のラインというものがあるのが普通。

 

しかし、中にはあやふやな接し方をする女子も多いのです。

 

そのような線引きをハッキリとしていない態度をとっていれば、男子がもしかして…と思っても仕方ありません。

 

女子の接する態度に線引きがハッキリとしていない場合には、男子に勘違いをさせてしまいます。

勘違いさせないために気をつけるべきこと8選

 

男子に気があると勘違いをさせないためには、女子も言動に気を配りましょう。

 

もしかして…と思ってしまうような言動は控えるのがベストなのです。

●男子に合わせない

 

勘違いをされたくないなら、男子に合わせてはいけません。

 

男子にどう思われようとも、女子は自分の意見を主張するのが1番。

 

相手に好印象を抱かれたい!と思うのは当たり前の感情でしょう。

 

好印象を抱かれたいという思いから、相手に合わせてしまう女子もいるはず。

 

しかし、予定や話題などを男子に合わせてしまうと、気があると思われてしまいます。

 

ですので、どう相手に思われようとも絶対に男子に合わせてはいけないのです。

●押されても意思表示をハッキリと

 

勘違いをされたくないなら、押されても意思表示をハッキリとするようにしてください。

 

押しに弱い女子でも嫌なら嫌とハッキリと伝えれば、男子が勘違いをすることはありません。

 

気がある男子から誘われた場合には、断る女子はいないはずです。

 

ですので、男子からの誘いを断りきれないと、気があるから誘いに応じてくれると判断をされるのは当然でしょう。

 

押されると弱い女子は特に注意!

 

男子から押せ押せで誘われても、自分が気がない相手なら断ってしまうべきなのです。

●ボディタッチに注意

 

勘違いされたくないなら、ボディタッチをしないようにしてください。

 

ボディタッチをされた男子は、ほぼ100%の割合で気があると勘違いをしてしまうものです。

 

挨拶程度で肩に触れる程度のボディタッチなら、男子も何も感じないでしょう。

 

しかし、手を触る・腕を触るなどのボディタッチをしてしまうのは危険な行為になります。

 

女子は友達感覚だったとしても、男子は異性の友達にはボディタッチをすることはありません。

 

ですので、女子にボディタッチをされたら、もしかして俺のこと…と思い込んでしまうのです。

 

友達感覚でのボディタッチだとしても、勘違いをされたくないなら、ボディタッチは控えるようにしてください。

●距離感に注意する

 

勘違いをされたくないなら、距離感に注意をするようにしてください。

 

会話をする場合でも、一定の距離を保って接するようにするのです。

 

物理的に距離が近くなってしまうと、男子は本能でついつい勘違いをしてしまいます。

 

ですので、勘違いをさせないように一定の距離を空けて会話をするようにしてください。

●見つめすぎない

 

勘違いをされたくないなら、見つめすぎないようにしてください。

 

女子が見つめていると、男子が勘違いをするキッカケになってしまいます。

 

会話を交わす時には、目を見て話をするのが普通です。

 

しかし、会話が途切れた場面や、何か作業をしている場面などでも見つめてしまうのは、気がある場合のみ!

 

ですので、勘違いをされると困る男子には、絶対に見つめてはいけないのです。

オンライン婚活の注意点、メリット・デメリットを紹介!

●誘って欲しそうな話し方をしない

 

勘違いをされたくないなら、誘って欲しそうな話し方をしないでください。

 

行ってみたい・連れてってなどと女子が言ってしまうと、男子は完全に気があると判断をしてしまいます。

 

自分に気があるから一緒に出かけたいんだろうと思ってしまうのです。

 

男子との会話の中で本当に行ってみたい場所の話題が出た場合でも、場所だけを聞くなどにして、誘って欲しそうな態度をしないようにしてください。

●LINEのスタンプに注意

 

勘違いをされたくないなら、LINEのスタンプに注意をしてください。

 

ハートマークや絵文字スタンプを男子に送ってしまうと、気があると判断をされてしまう危険が大きくなります。

 

男子でもLINEのスタンプを多用する人はいるでしょう。

 

しかし、女子とは違ってハートマークや絵文字スタンプを送る相手は限定している男子が多いはず。

 

つまり、女子からそのようなスタンプが送られてきたら、もしかして…と思ってしまうもの!

 

勘違いをされない為には、ハートマークはもちろんですが、絵文字スタンプも利用は控えるようにしてください。

●甘えない

 

勘違いをされたくないなら、甘えないようにしてください。

 

女子から甘えられると、男子は気があると判断をしてしまうのです。

 

自分が好きな相手には甘えるというのは、普通の行動になります。

 

つまり、男子に甘えるというのは、気がありますとアピールをしているのと同じ。

 

ですので、勘違いさせないためには、甘えてはいけないのです。

 

勘違いされた時の対処法

 

女子が勘違いをさせないように注意をしていても、男子が勘違いをしてしまう場合もあるでしょう。

 

そのような場合には、このように対処をしてみてください。

距離をとる

 

男子に勘違いをされた場合には、距離をとるようにしましょう。

 

物理的に距離をとれば、男子も自分の勘違いだったと気がついてくれるのです。

 

気がある相手なら、距離を空けるなどという行動をする女子はいません。

 

その点は男子だって同じでしょう。

 

距離を空けるということは、気はありませんよ!という意思表示にもなります。

 

自分の意思を伝える

 

勘違いをされてしまった場合には、自分の意思を伝えるようにしてください。

 

男子に直接あなたは友達です!と伝えるのが1番早いでしょう。

 

そこまでハッキリと言えない場合には、好きな男子の相談をするのもアリになります。

 

男子が勘違いをしている場合には、女子から好きな男子の相談をされれば、勘違いだったと理解をするはずなのです。

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-出会い

© 2022 コイドキ Powered by AFFINGER5