出会い

熟女はアナルよりも中出しなのか?

大学生となって仲間の中において童貞は私ぐらいもっと言うなら、恋人もおりませんし、女友達もいませんから、訴求も希望が望めない。

苛立ちにせっかちになっていました。

そういう訳で見付けたのはとある話題を呼ぶ出会い系サイト!

何とかしてEメールを送信してまくりましたが、同世代は空の状態。

そのような中で、迂闊にも、勘違いして送っちまったのが、五十路だと口に出す年増のご婦人。

で、そのオバちゃん熟女から、回答がありました。

やはり当初より、エロ全開だと敬遠されると考慮し、幾日かは注意してましたが1週間と待たずに

【待ちきれないんです。こんなふうだと、どうかなる危険性があります。】

とEメールをぶっ込みました。

第一は、主旨を意識実践できなかったようですが、即座にスペックが明らかにしたそうなんです。

参ってましたが、Eメールのレスは手に入ります。

寝る間を惜しんで乞いました。

 

イケメンが熟女を部屋に連れ込んでSEXに持ち込む様子を盗撮したDVD。164~強引にそのまま中出ししちゃいました~ - 無料エロ動画 - FANZA無料動画

しつこくお願いしたら、Eメールが来なくなったので、魅力がないったかと無念な気持ちでいたら、一時間程過ぎたら

【―って、駅まで○時に入れる?】とEメイルが入りました。

自転車で駅まで急ぎながら、行くとレスポンスを送信してます。

間際で列車に乗車してから、ヤバくないのか?とか、異色な第三者ならどうしたらよいものか?とか少しの悔恨と畏怖を内包しているまま、詰め所に着まいりました。

列車の時間をチェックして、時間チョイスをきっかけにきたみたいです。

逢い引きピタリに着きました。

少し経つと【白い軽だから、早く乗車して】Eメールを見て、そばに目をやると1台しか白い軽がなかったので、乗ってみました。

すると、すぐにくるまは駆け出す。

隣席から判断すれば、やっぱりオバサン。

肥満で、グラサンをかけています。

ビビりながらいると周辺の昔ながらのラブホに潜入した。

「スピーディーに下車して。」急かされて、あとから連続して間に入る。

初の経験としてもぐり込んだ旅館にビクビクが上昇します。

座敷の下でも気持ちが移っているとグラサンを除けた年増オバサンが、ベットに座りたのです。

「こんなオバサンとでも、セックスしたいの?」と聞かれたのです。

諦めるなら、今しかない。

と聞かれてるようでした。

「お願い申し上げます。とうに、耐えきれないんです。」覚悟して要請すると、抱かされてしめられて、接吻されました。

唇を3~4回くっつけると何回目かにタンが入れられてきてしまいます。

映像で傍観していたみたいにタンを絡めると、そんなことだけでフィーバーが膨張し、スイスイとなる。

ありのまま、Tシャツを捲り上げられ、ビーチクを舐められていたんです。

これ程の気分爽快なのかとエキサイトしながら、舐めてるオバサンを目にしているとだんだんと下に移していくのです。

もう、ハイテンションはピークでギラギラが生じてしまいました。

ヘソの近辺を舐めつつも、ベルトを避け、パンツを脱がせてゲットするとブリーフから、はみ出しそうなくらいハードに拡大しているのです。

それをブリーフを費やして舐めてきちゃうんです。

舌を見せて舐めたり、くわえて吸引する具合にしたりされ、辛抱がてんこ盛りです。

「すでに、問答無用です。」そう口にして、ブリーフを自分で脱いで、ハードになったアイテムを口元へ連動させます。

オバサンも快感がアップしていたのか、一躍くわえこみ親方を非常に移動させ、舌を絡ませて来ちゃうのです。

その興奮を堪能する徐々に「おっと、イクっ」ごく短時間で口にしてしまったのです。

それはそれでオバサンは、口にくわえた状態で離さずにいて、ちっちゃいのちのち「大量に出たね。もう、GOODだった?」と問われます。

相当たっぷりと生み出したはずなのに丸ごと飲んでしまったらしいです。

本心、一度決めたので小康状態になるとともに、今後は若い人になればうれしいかもなぁ。

とか考えだしていましたが、スカートから映る太腿とトップスから姿を現した黒のブラジャーにもう一度、気合が急騰します。

「まだそれはできません。」そう言うが迅速なか抱きながら、トップスを脱がすべしと、ドキドキやボルテージでテキパキといきません。

最終的には、オバサンが自らトップスを脱いで、ブラを上にスライドして、乳首に吸引しました。

もうとどまりません。

パンストと黒一度のパンティを一緒に脱がせると脚を持つ様にして丸々挿入してしまいました。生チンポを生マンコにインサートです。

数回変動すると、その快適性に、スピーディーにイッてしまうのです。

する最中下したことをイッた後に認知しましたが、オバサンは特に何も言いません。

冷静になるとヤバイと思って、謝りましたが「問題ないよ。閉経してもう妊娠しないから。」と余裕綽々でした。

あの時は、何の意味もわかっていませんでしたがOKならと、また入れて数分ワークして、中に送り出しました。

それを3回繰り返し、やっとリラックスすると一緒にシャワー浴びて、Line交換してから、ターミナルまで送迎もらいました。

この日から、1週間に3回ほど顔を合わしてセックスさせてもらうセフレのお付き合いとなっています。

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-出会い

© 2021 Powered by AFFINGER5