グッズ 美容

ラブコスメとは?怪しい、効果なしの口コミ評判は嘘くさい?

ラブコスメとは?怪しい、効果なしの口コミ評判は嘘くさい?

女性がこっそり購入して試してみたい商品を通信販売している「ラブコスメ」というサイト、覗いて見たことはあるでしょうか?

 

商品に興味があって見たけれど、びっくりしてすぐに閉じてしまった!という人もいるかもしれませんよね。

 

家族や子供に閲覧しているのを見られたら、どう言い訳すればいいの?というような情報が満載なので、やっぱり怪しいサイトなのかなと思ってしまうのも分かります。

 

しかし、ラブコスメは決して怪しいサイトではありません!女性ならではの「誰にも言えない」悩みの解消に役立ち、他では購入することができない商品を販売してくれる、頼りになるサイトがラブコスメです。

 

利用したいけれど迷っている、見たいけれどちょっと抵抗がある人に、ラブコスメについて詳しくご紹介していきましょう。

ラブコスメのあやしい真相とは?

 

ラブコスメってどんなサイト?

 

ラブコスメは、女性の身体や恋愛の悩み解決をサポートする、セクシャルヘルスケアを提唱、2003年に創設されたブランドです。

 

デリケートな女性の身体は、誰にも知られたくない「秘密」を抱えてしまうことも多く、どのように解決したらいいのか分からずに、何ごとにも積極的になれないと悩んでしまうこともあるでしょう。

 

例えば、肌や体型、体質などのコンプレックスや、見られたくない黒ずみや消したいニオイ、生理のことなどの他にも、パートナーにも相談するのが恥ずかしいセクシャルなものなどです。

 

ラブコスメでは、このような女性の悩みを解決するための、自宅で簡単ケアが可能な商品を販売しています。

ネットの中では結構な老舗サイトです。

 

 

ちょっと恥ずかしい商品でも依頼主は「NP商品センター」、商品名も「化粧品」という感じで送られてくるので、宅配のお兄さんに赤面する必要はありません。

こんな感じで送られてきます。

購入した商品には上の写真のようにQRコードで特典がもらえるものや、試供品などのサービスも何個かついてくることが多いです。

 

 

「愛し合うこと」を応援するラブコスメ

 

ラブコスメは、愛し合うことを応援してくれます。愛し合うのは、好きな人とだけではなく自分自身、家族や友人、地球環境、そして世界が愛し合うことも、応援してくれるサイトです。

 

そのために取り組んできたことを、いくつかご紹介しましょう。

 

▪セクシャルに健康であること

ただのセクシャルではなく「セクシャルヘルスケア」。ラブコスメではセクシャルなことを前向きに話し、理解しあえる社会を目指しています。

みんな必要としていてもなかなか堂々と扱うショップは少ない現状。

▪社会問題を解決するための商品とサービス

社会問題となっている少子化、セックスレス、離婚増加などの、女性の悩みからも商品開発を行っています。ラブコスメでは、このような社会問題の解決につながるような取り組みを行っています。

性の問題は社会問題とも直結しています。

▪素材にこだわった製品づくり

植物素材にこだわり、動物由来やケミカルな素材はできる限り使わず、防腐剤や香料などにも配慮した製品づくりを行っています。

実はオーガニック系多し!

▪不要なラブグッズをリサイクル

不要になったラブグッズを、ラブコスメでは回収しリサイクルへ、再生可能なエネルギー資源として生まれ変わります。

リサイクルにも目を向けています。

▪復興も支援

東北の原料を使用した商品を開発し売り上げの一部を寄付するという、東日本大震災の復興支援も行っています。

復興支援にも積極的!


ラブコスメのホームページをチェック↑↑↑

ラブコスメ、サイトをチェック↑↑↑

ナデテの口コミは本当?香りに男が釣れるのかレポート

媚薬とは?

 

一般的には女性の性欲を高めたり、恋愛感情などを起こさせたりする薬でフェロモン誘発剤のようなものですが、女性向けだけでなく男性向けの商品もあります。

媚薬に含まれている成分には、催淫剤や刺激性物質、性ホルモン剤などの他、男性向けの媚薬には勃起機能改善薬などもあります。

また、古くから使われてきた民間伝承薬の、鹿の角や鹿茸、附子や地黄といった漢方や生薬などもあります。

「薬」という名前がつくので、飲んで使用することを想像するかもしれませんが、媚薬にはそのような飲むタイプの他に、塗るクリームタイプや香水などの嗅ぐタイプもあります。

 

人気ファッションモデルのヨンアさんが愛用している香水は「ジュテームH」、デート用香水・香る媚薬とも呼ばれるフェロモン香水です。インスタでも紹介されている香水なので、決して怪しい商品ではありません。

 

ヨンアさんに限らず、芸能人の中にはこのような香水やクリームなどで、媚薬効果が期待できる商品を愛用している人も多いのかもしれません。

 

媚薬は、女性の性欲を高めたり恋愛感情を起こさせるといった目的で女性に使用するものの他、性器の機能向上や性欲減退の改善などを目的とする、男性向けのものもあります。

 

バイアグラやラブグラなど、シルデナフィルという成分が配合された媚薬もありますが、こちらは医薬品であり、ヨーロッパやアジアなどで古くから使われてきた媚薬とは異なります。

 

古来より世界中で研究され、日本でも江戸時代から利用されてきた媚薬ですが、成分にはどのようなものがあるのか、詳しく説明していきましょう。

 

■催淫剤

催淫剤は使用する方の性欲を高めるための成分が配合されています。男性向け、女性向け、男女共用のものもありますが、男性向けなら性欲減退の改善や勃起をサポートする効果が期待されています。また、女性用では女性のためのバイアグラとも呼ばれる「フリバンセリン」知られており、こちらは女性の性欲低下を改善してくれます。

 

■勃起機能改善薬

古くから使われてきた植物由来の成分として、マカやストリキニーネがあります。マカは健康食品やドリンク剤などにも配合されるアンデス原産の植物で、古くから滋養強壮に用いられてきました。ストリキニーネは、マチンという樹木の種子から得られる成分で、興奮剤として少量でも効果十分期待できます。

 

■性ホルモン剤

男性にはアンドロゲン、これは男性ホルモンとも呼ばれ精子の形成をサポートしたり、性欲を高める効果があるといわれています。女性の性欲を高めるという、女性向けのホルモン剤はエストロゲン、ギリシャ語の「発情」を意味する言葉からつくられた名前です。

 

この他にも、チョコレートにも含まれている恋愛ホルモンのPEA(フェニルエチルアミン)、女性に興奮作用をもたらすという、男性の体内から分泌されるアンドロステノールなどがあります。

 

あの元アイドルの曲のタイトルに「媚薬」が!

 

アイドル歌手が媚薬について歌う?過去にはそんな衝撃的な出来事がありました。

 

木村拓哉さんの妻で、2人の娘はモデルという工藤静香さん、昔はアイドル歌手として活躍しておりヒット曲も数多くあります。その工藤静香さんは、「媚薬」という言葉がタイトルや歌詞に含まれている曲を歌っていたこともあります。

 

それは「くちびるから媚薬」というタイトルの曲で、歌詞にも「情熱 それだけで媚薬」というフレーズがあります。別に媚薬を飲むとか飲ませたとか、そういう内容ではないのですが、当時はタイトルに「媚薬」が含まれていることに問題はなかったのでしょうか?

 

このくちびるから媚薬が発売されたのは1990年の1月ですが、その頃は芸能人の薬物使用で問題になるものといえば大麻や覚せい剤で、MDMAのような媚薬・違法薬物は知られていなかったようです。

 

しかし、清純そうなイメージで大人気だった女性アイドル歌手が、MDMAの愛用者だと噂されたことも過去にはありましたし、もしかしたらくちびるから媚薬が流行っていた頃も、ひそかにそのような媚薬が芸能界で出回っていたのかもしれません。

ラブコスメではどんな商品を扱っているの?

 

ラブコスメで取り扱っている、人気商品をいくつかご紹介しましょう。

 

▪自然派石鹸

ラブコスメの自然派石鹸は、インドネシアで一つ一つ手づくりされる「ジャムウシリーズ」です。ジャムウとは、インドネシアで健康と美容のために古くから伝え続けられてきたもの、デリケートな部分のニオイや黒ずみのケアに使用、実感できる石鹸です。

 

▪ボディジェル

ムダ毛・バストマッサージ・保湿の3つのケアがこれ一つで簡単に行える、長年の愛用者多数の別名「恋ジェル」です。ずっと触れていたくなるような、なめらかでスベスベの肌を手に入れることが可能です。

 

▪キス専門美容液

見た目はリップグロス、でも寝る前でもキスの直前でも使用できるという、ベタつきが気にならない、むしろ気持ち良いと感じるような使い心地の唇用の美容液です。そんなキス専用美容液の名前は「ヌレヌレ」、フェロモンを意識した香り成分も配合し、思わずキスしたくなる唇になれます。

 

商品の受け取りも安心!中身は誰にも知られません!

 

女性の悩みを解決してくれる真面目な商品であっても、ラブコスメで購入したことや商品名が分かってしまうような配送では恥ずかしいですよね。

 

でもラブコスメはその点も安心、宅配伝票の商品名は変更されますから、中身が何なのか知られることはありません。

 

家族にも彼にも、宅配業者のお兄さんにも知られずに受け取ることが可能、ですから安心して購入してください。

 

もし自宅で受け取ることに抵抗があるなら、指定住所や配送業者営業所でも受け取ることが可能です。また、どうしても受取時間に間に合わなかった場合、再配達はコンビニへ直接配達が可能なので利用してみてください。

ラブコスメはアマゾンや楽天でも一部取り扱いはありますが、この辺の大手サイトを利用すると少し割高、プラス履歴に残るというデメリットもあります。

独立したメーカー直のサイトで買うことでプライバシーも守られます。

アマゾンなどで買うと割高+履歴に残るデメリット!


ラブコスメのホームページをチェック↑↑↑

ラブコスメ、サイトをチェック↑↑↑

会員登録は簡単、便利でお得なのでおすすめ!

 

ラブコスメの会員登録は、公式サイトで姓名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスを入力し、簡単に行うことができます。

 

個人情報を登録するわけですから、ラブコスメの会員になるということで、心配もあるかもしれません。

 

しかし、会員になったからといってダイレクトメールが届いたり、電話などで勧誘されるということは一切ありませんから安心してください。

 

メルマガかLINEは届きますが、ラブコスメの会員であることが他人にバレるようなこともありません。

 

会員になることで、購入手続きが簡単になったり、ポイントが貯まるなど複数回利用する場合ならメリットは多いです。

 

一度購入したらあれこれ試してみたくなるラブコスメですから、やはり会員登録するのがおすすめのようです!

種類が豊富でリピート率は高め!
ついつい試したくなる商品が豊富!

ラブコスメ利用者の口コミは?

では実際ラブコスメを使っている利用者の口コミはどんな感じでしょうか。

デリケートゾーンについたオリモノの臭いが気になるものの、自己流でデリケートゾーンをごしごし洗いすぎてかえって不快な思いをしてしまったことがあり、ケア方法には慎重になっていました。泡でやさしく洗ってもせっけんによってはデリケートゾーンと相性がよくなかったり、迷っていたものの口コミの数と評価の高さに後押しされ購入した記憶があります。

中略

ジャムウで気になるニオイや汚れの元から洗い流した後は大げさでなくさっぱりするようになりました。ラブタイムにも影響ありで、夫はクンニしない人だったのですが、ジャムウケアと内股の黒猫で今では積極的にしてくれるようになりセックスレスに陥ることなく日々充実しています。

引用:ラブコスメ公式サイト

 

いつもお世話になっています。ラブコスメさんに出会って2年ほどになりますが、今では新しい商品が楽しみで、毎日のようにチェックしてます♪大学生の頃、当時の彼氏とエッチをして、そのまま裸で寝ていたのですが、朝起きて寝返りをうったときに、布団の中の空気がモワッとこみ上げてきて、臭うな、と感じました。

中略

コンプレックスがなくなって、彼とエッチを楽しんだり、素直に甘えられる今が本当に幸せです。ラブコスメさんに出会えてよかったです♪

引用:ラブコスメ公式サイト

女性のシモの悩みは友人にも言いづらいもの。
解決策を模索する中でラブコスメに辿り着く人も少なくないようです。

香りが気になったのと価格が安めだったので購入しました。つけた直後は砂糖を焦がしたような甘い香りがします。かわいい系の香りです。

中略

開発元のコンセプトなど若干気になるところはありますが、香水そのものは好みの香りなのでよく使っています。もっとこういう香りが好きな人が増えてほしいです。

引用:@cosme

 

電子タバコ使用しているので、口臭対策には気をつけないとと思っています......。マスクはつけていますがやっぱり気になる......。
これは1粒1粒が他の会社のものより大きくて舌で転がすように舐めるとかなり持ちます。食べ終わったあとはスッキリ。
ミントの香りはさほど強くなく、甘いピーチ?ベリー?の香りで好きです。
ケースが大きいので、持ち運びには不便です。携帯用ケースに入れ直して持ち運んでいます。

引用:@cosme

「ニオイ」を気にする女性は本当に多いです。
市販の香水にはないコンセプトが支持者を増やしています。

いわゆる大手の作る香水やデオドラント系の商品に性的なコンセプトをつけるわけにはいきません。

でも多くの人が男女の仲を近づけるフェロモン系のニオイを欲しています。

例えばアロマなどではイランイランが有名ですが、身につけるニオイではありません。

その辺をうまく開発して商品にしているものがラブコスメには多く存在します。

香水系は特に男性の反応が明らかに違うので、街行く人の反応も楽しみつつクセになってリピートする人が多いようです。

有名処の香水はみんなつけているので反応薄、あまり嗅いだことのないものが新鮮に鼻を刺激するようです。


ラブコスメのホームページをチェック↑↑↑

若い人からマンネリの熟年夫婦まで、幅広く支持されています↑↑↑

 

ラブコスメの口コミその他

1.ナデテ シャボンをラブコスメで買いました。

以前からナデテを愛用、限定品が発売されるとつい購入してしまうのですが、結局ナデテシャボンに戻ってしまいます。

自分が好きな香りなのですが、彼とデートした時にこのナデテシャボンをつけていったところ、いつもとは違う雰囲気になり彼との距離が縮まりました!

ナデテシャボンの香りのおかげで、自分の気分も上がり、ちょっと大胆になれたのも良かったみたいです。

やっぱり自分にはナデテシャボンが一番、もう浮気はしないかなと思っています。

 

2.プエラリア・ハーバルジェル サマー使用感

プエラリア・ハーバルジェルは、夏バージョンが販売されるこの季節になると必ず購入していますが、やっぱり夏でも乾燥する私の肌には欠かせません。

レモンの甘い香りがし、使い心地はいつも通りでしっとりと、肌によくなじんでくれます。ポンプタイプなので手軽に使うことができますが、ついたっぷり取ってしまうので減るのが早いようです。

もちろん、ケチらずに使うから肌の状態はとても良いです。ちょっと気が早いですが、来年の夏バージョンの発売も楽しみにしています!

 

3.ジャムウ・ハーバルソープの感想

 

デリケートゾーンのニオイが気になるので、入浴するたびボディソープでしつこいくらいに洗っていたのですが、ニオイは残ったままだしやっぱり皮膚へのダメージが気になっていました。

デリケートゾーン用のソープがあるとは知っていましたが、どこで買ったらいいのか分からずにいて、ようやく購入できたのがラブコスメのジャムウ・ハーバルソープでした。

泡立てた柔らかい泡でしっかり洗い、3分パックしたら本当ににおわなくなってビックリしました。

夜入浴し、朝起きた時にはもうニオイがキツイことも多かったのですが、ジャムウ・ハーバルソープを使うようになってからはそんなこともなくなりました。

 

4.ヌレヌレ・ディープマスカットキッス、ラブコスメで購入

ヌレヌレシリーズの中で、最も男性受けするフレーバーということで、ちょっと期待して購入しました。

保湿効果が高く、本当に美容液でケアしているような感じで唇がふっくら、自分で言うのもなんですが、キスしたくなるような魅力的な唇になります。

ネーミングがちょっと恥ずかしいですが、そういう目的だけではなく普段使うリップとしても、とても優秀な商品だと思います。

私の場合、残念ですがそういう目的で使用する機会はまだないので、男性が香りに惹かれるかどうかは分かりません。

 

5.リビドーロゼ効果あった

フェロモン香水に興味があり、ネットで探して購入してみました。パートナーの反応はややありでしたが、それよりも私の方がこの香りにハマってしまい、夜だけの使用ではなく日中も普通の香水として使っています。

「ベッド専用香水」と称して販売されていますが、リビドーロゼはセクシーな香りというよりも、可愛い・清純なイメージがあるような気がします。

初めてリビドーロゼをつけて出勤した時は、女性の同僚から何をつけているのかと興味を持たれたので、女性も惹きつける香りなのかもしれません。

 

6.本草絵巻すあしびじん、ラブコスメのヘビーユーザー

自分では足のニオイはあるけれど普通だと思っていたのですが、更衣室で靴を履き替える時、不自然に周囲に人がいなくなることでようやく「臭い」ことを自覚しました。

親友にこのことを打ち明けたら、「悪いけど確かに臭い」と言われ傷つきましたが、その彼女から教えてもらったのがこの本草絵巻すあしびじんでした。

さっそく購入して使ってみたら、とてもサッパリ洗い上がるし親友も「ニオイがしなくなったね!」と驚いています。更衣室でも、私が靴を脱いでも臭わないからなのか、ちょっと不思議そうな顔をしている人もいます。

 

7.ニオイタツ カレシ、ラブコスメにハマり中

男性を感じさせるニオイがする「フィーリングエッセンス」とあったので、興味本位で購入してみました。

感想はと言うと、もっと男臭さがあるのかと想像していたので、その辺は期待外れでしたが、とても爽やかな柑橘系のような香りで寝る前に使ってみたら、不思議と気持ちが落ち着きました。

3回目に使った時、なんだか懐かしさがこみ上げてきて、翌日になってようやく思い出したのは過去に交際していた男性の使っていたコロンに似ているということでした。

それからはニオイタツカレシを使うと、ドキドキしたりするけれど最後は満たされた気持ちになっています。

 

8.ジャムウ・ハードバブル、レビュー

石けんで黒ずみがキレイになるのか疑問でしたが、ダメ元で試してみたのがジャムウ・ハードバブルです。私が気になっていた部分はバストトップと足の付け根でしたが、泡がもっちりするまで泡立てて毎日パックしていたら、嬉しい変化が現れてきました。

黒ずみがキレイになっていくのに刺激が強いわけではなく、自然由来の成分が使われていて、肌への刺激もなく安心して使うことができています。

最近は、せっかく泡立てたもちもちの泡が残るともったいないので、毛穴が気になる部分にも塗っていますが、肌の調子も良くなってきたようです。

 

9.フェロモンボディが欠かせなくなってます

シャーベットのようなソルトソープ、エステでもお勧めしているところがあるそうで、それならと購入してみました。もちろん、フェロモンという名前にも期待していました。

優しくマッサージすると、洗い上がりはスベスベ・ツルツルに。泡立ちがいいし、今までにないなめらかな肌になれたのでもう手放せません。

香りもとても良くて、洗い流してもベリーの香りが肌に残り、ベッドに入った時に癒されています。そういえば、体臭も気にならなくなりました。

 

10.LCジャムウ・デリケートエッセンス、ラブコスメに会員登録済

脱毛に通うようになり、ムダ毛処理がある程度効果を上げてきたところで、気になってきたのが「毛」ではなく「肌」の方です。

あったものがなくなったことで、肌の状態が良くないと分かり、デリケートゾーンのケアもすることにし、LCジャムウ・デリケートエッセンスを購入しました。

毎晩入浴後に使っていますが、ベタつかずサラッとしているジェルで、馴染むのも早いので不快感がありません。香りも良くて気に入っており、使用している部分の肌が柔らかくなってきたし、ふっくらしてきたように感じます。

 

 

オキシトシンも有名な成分

オキシトシンとは、「幸せホルモン」や「抱擁ホルモン」とも呼ばれ、多幸感を与えてくれるという世界でも注目されているホルモンです。

 

オキシトシンという名前はギリシャ語で「早く生まれる」という言葉が語源、出産や子育てに関係しているホルモンでもあります。

 

近年、オキシトシンは女性の出産や子育て関連への作用だけでなく、分泌されることで幸せな気分になったり癒されるホルモンとしても知られるようになりました。

 

▪オキシトシンはどうやったら出る?

誰もが幸せな気分になりたいし、癒されたいと思うはず、どうやったらオキシトシンを出すことができるのでしょうか?

 

オキシトシンの分泌には、自分以外の者とのスキンシップや信頼関係が関係しています。身近に誰がいるのかによって、オキシトシンの分泌を促進させる方法が異なります。

 

例えば、配偶者や恋人がいる場合なら、スキンシップやマッサージ、抱擁やキス、愛撫、性交渉の他に、見つめあうだけでも分泌が促されるといいます。

 

配偶者や恋人がない場合でも、友人や同僚と楽しくおしゃべりしたり、家族団らんでも効果が期待できます。また、人間ではなくて犬や猫などとスキンシップすることも、効果があるといわれています。

 

家族も友達も、犬や猫などペットもいないという場合でも大丈夫、ドラマや映画、漫画やアニメでもいいですから、感動するものを見ることでオキシトシンは分泌されます。

 

また、感情を素直に表したり、人に親切にするなど思いやりの気持ちを呼び覚ますことでも、オキシトシンは分泌されるので、心から「良い人」になるのもおすすめでしょう。

 

どれも効果が感じられなかった、そんな人にはオキシトシンに似た効果があるサプリやスプレーも販売されているので、試してみてはいかがでしょうか。

ラブコスメのインスタでもいろんな悩み系の発信をしています。

注文してわかったラブコスメの歴史

ラブコスメの商品を購入すると結構な数のチラシが同封されています。

大体この手のチラシは見ることもなく捨てられるのが普通だと思いますが、ブログで記事を書いている以上一応チェックはします。

そこで驚いたのはラブコスメって20年もやってるの、という事実でした。

 

サイトのトップページなどでもう少し大々的に宣伝してもいいのかなあと個人的には思ってしまいます。

なかなか媚薬系やシモ系の商品を扱っていると、このサイト大丈夫?と不安になりがちですが、20年やっているとわかれば見る目はい大きく転換します。

ラブコスメのユーチューブチャンネルでは宣伝しているようですが、今現在再生回数は862回と淋しめ。

ただチャンネル登録者数が4.98万人というのは驚きです。

密かにみなさんラブコスメ商品に興味を抱いているというのがよくわかる数字だと思います。

そしてチラシで改めわかったラブコスメの情報発信の凄さ。

ネットのサイトだと意外に見落としがちですが、紙媒体でもらうとこれがとてもわかりやすい。

公式のライン、ツイッター、インスタグラム、メルマガ、コラム、漫画、そして前述のユーチューブと。

これはかなりのスタッフを抱えないとこれだけの発信はできないと思います。

商品自体にQRコードをつけて特典をつけるとか、サービスのやり方が細かいというのは女性スタッフが多く、というかほとんどなのかもしれませんが、その辺が普通のECサイトと違うところかなあと思います。

そして現在ラブコスメでは幸せファームプロジェクトという企画をやっています。

お客さんのアンケートから新しい商品を生み出していこうという企画のようで、「みんなで作りあげるラブコスメ」をコンセプトに始動しているようです。

こういう顧客優先の姿勢は今後の飛躍が大いに期待できるものだと思います。

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-グッズ, 美容

© 2022 コイドキ Powered by AFFINGER5