レポート

出会い系でのメッセージのやりとり、これをやったらNG

出会い系でのメッセージ、これをやったらNGでしょ

 

出会い系でかわいい女の子と出会いたいのに、なぜかいつも途中で相手とのやりとりが途絶えてしまうという男性もいるんじゃないでしょうか。

相手と実際に会うところまで、やりとりが続かずに悩んでいる男性に向けて、出会い系でのメッセージのやりとりで、やってはいけないNGな行動をご紹介します。匿名性をいいことに暴走しがちな男性の多いこと、メッセージのやりとりでMな女子はほとんどいないと考えてもらった方がいいと思います。イチモツの写真を送り付けるのは言語道断ですが(これが実は多いんです)、普通に出来ない人、麻痺してる人続出です。

この記事を読むことで、これまでの反省点がわかり、今度こそ女の子と仲良くなれる日が来るでしょう。

 

その1 返事の催促

 

返事が来ないからといって、連続でメッセージしてしまうと、「ウザイ」「しつこい」などと嫌われてしまうことがあります。焦らずに待つのがポイントです。

 

私も過去に、すぐに返信をしないと催促してくる男性とやりとりしていたときがあります。別に無視していたわけでもないし、ちょっと席を外した程度なのに、「え?どうしたの?」など、立て続けにメッセージを送られた時は、引きました。

 

長時間返信をしていないのならまだしも、数分とかで、催促されるのはありえないですね。そのような気の短さにゲンメツして、返事をしなくなる人も多いものです。

いきなりかまってちゃんに返信されて、その要望に応えてくれる女子はゼロです。唯一あなたのお母さんだけがすぐに返信してくれるとは思いますが、とにかくキモイんです。寂しさマックスで出会い系に臨んで、少し絡むことのできた人イコール付き合ってるわけではないので勘違いしないように。

ストーカー体質がOKな世界はありません

 

その2 すぐに会おうと言う

 

このメッセージを送られてきたら、ほとんどの女性が「遊び目的」だと判断されてしまうでしょう。本心はすぐに会いたいと思っていたとしても、あえて言わずに我慢しておくのが相手と仲良くなるコツです。

 

「会おう」「食事行こう」などとあえて言わないことで、誠実な人だとアピールすることができます。

 

会いたいっていう焦りから、返って会うチャンスを逃がすことにもなります。

 

実際に私が出会いアプリでやりとりした人で、なんとなくいいなと感じた人がいてやりとりが始まったけど、自己紹介もしていないのに、「今度飲みに行きましょう」と最初に言われた時は、「ちょっと違うなぁ」と感じて、やりとりが途中でなくなりました 笑。

 

逆に最初はそれほど意識していなかったけど、すぐに会おうなどと言わずに、気ままに趣味の話をしたり、お互いの自己紹介などをしばらくしていた相手の方が、「なんか、この人まじめそうだな」「いい人そう」と好印象を感じました。とにかく辛抱してください。いくら出会い系やマッチングアプリとかが一般的になったからといって、女子はどんな人かわかるまでは警戒心がすごいんです。大丈夫かなと思って会ってみても、大半はヤバイ人というのが個人的な経験ですが、それだけリスクある中でやってるのでいきなり会おうは一番のNGなんです。いきなり会ってくれるのは体を売って商売してる子たちで、男の人も逆にそんなやついやだと思うんですけど。業者目当てだったら最初からそっちに行ってください、という感じです。

業者と勘違いしないでください

その3 いきなりため口

 

女の子と早く仲良くなりたいからといって、最初からため口は、チャラい印象になります。

 

やはり「はじめまして。よろしくお願いします!」と最初は普通に挨拶をしてくる人の方が、安心ですね。

 

「どこに住んでるの?」とかたまにいきなりメッセージしてくる人がいますが、私のなかでは、論外ですね 笑。

 

ただし、チャラい関係を望んでいる軽い女の子には好かれるかもしれませんが、普通の女の子なら、やっぱり丁寧な言葉づかいの男性の方が好まれるでしょう。ただ微妙なのがずっと敬語というのも?ってなります。ある程度仲良くなれたら、敬語やめてもいい?とかその方がもっと仲良くなれるから、みたいに展開してもらえると嬉しいかもしれません。少しづつどんな人か探りながらやりとりするのが好きな女子が結構多いと思います。敬語だるいという女子もいることはいますが、写真とか雰囲気でわかるとは思います。どの世代でもチャラい女子、男子は両方存在するのでそこはなんとなくチャラい者同士でマッチングしていくような気もします。

普通によそよそしく始まってOK

華の会メールBridalは本当に終わっているのか?

その4 最初から、根掘り葉掘り聞かない

 

徐々にお互いのことを知り合うのは問題ありませんが、最初から相手にたくさんの質問をしてしまうのはNGです。

 

「なんか、ちょっと怖い」「何この人」などと、引かれてしまうことがあるので注意しましょう。

 

相手に質問をしたら、自分のことも相手に教えてあげたり、一方的な質問にならないようにしましょう。

 

私も以前、ガンガン質問してくる人がいて、途中から答えるのが疲れてしまうのと同時に、相手のこともうざくなって、やりとり終了しました 笑。質問→答え、質問→答え、この連続のやりとりはキツイです。答えた内容に対して話を広げていくとか、自分の場合はこうだとか、バリエーションを混ぜながらでないと、ただのアンケートに答えているみたいになってしまいます。

 

女の子によっては、普段あまりメッセージしない人もいたり、頻繁な人などさまざまです。相手の返信ペースなどにあわせながら、焦らずに仲良くなっていくようにしましょう。

食いつきが悪かったらあきらめるのも肝心!

 

まとめ

 

  • 出会い系のメッセージのやりとりでNGなのは、返事の催促、すぐに会おうと言う、いきなりため口、ガンガン質問するなど。
  • すぐに会いたくても、食事などに誘うのは少し我慢しよう。最初は自己紹介や趣味の話でお互いを知る時間が必要。丁寧な言葉で誠実さをアピールし、会う前に高感度をあげるのがコツ。

 

いかがでしたか。出会い系で女の子とやりとりする際に大切なことは、遊び目的のチャラい男だと思われないことと、ウザイと思われないことがポイントです。

 

焦らずに落ちついて、相手のテンポに合わせながら、紳士に丁寧なやりとりをするのが大切です。なんか優しそう、まじめそうだと思われることで、女性の警戒心をといていきましょう!

返信遅いトラブルはいろんな方面でおきているようです。

*最終段階、アポのOKが出て日にちを決める時に、「いつでもいいよ」というのは実はNGです。スマートなやり方としては、この日とこの日とこの日、ここでどこか空いてる日ある?といった感じで具体的な日にちを提示して選んでもらうというのが女子としては助かるアポのとり方です。「いつでもいい」というのが女子としてはスケジュールを組むのに一番めんどくさい言われ方というのを覚えておきましょう。

「いつでもいいよ」はNGなんです

-レポート

© 2020 Powered by AFFINGER5