出会い

マッチングアプリでの追いメッセージ、追撃メッセージは何回まで?

追いメッセージについて悩む人続出のマッチングアプリ

そもそも追いメッセージ(追撃メッセージ)って何?という人がいるかもしれませんが、メールなどでは追いメールという表現もされる言葉で、要は自分から出したメッセージに対して返信、反応がない。

そこでこっちからもう一回メッセージを送ることを追いメッセージと言います。何度も催促メッセージのようになってしまうのではということで、送るべきか否か悩む人が多いというわけです。

LINEの既読スルーにも通じる問題

追いメッセージ、何回までなら許されるか?

そもそも相手が返信をしてこない理由には二つ考えられます。

一つはあなたに興味がなくなった、という意味でのスルー。

もう一つは駆け引きのゲームとして一度そっけないフリをしてみて相手の反応を見ているケース。

この二つではないかと思います。

アプリ内でかなり会話が盛り上がった、アポの話にまで行きついた、なんて後に突然反応が途絶えると、なんで?ってなりますよね。

かなりの感触を感じていた場合、一回は追いメッセージを送ってOKです。相手がこちらの出方を試している場合が考えられるからです。

向こうもこちらを気になっている場合は必ず一度目の追いメッセージで返信がくるはずです。

もし相手が本当に自分のことを避けたいと思っている場合、その追いメッセージには反応してこないはずです。

もしくははっきりと「ごめん、ないかも」などなんらかの意思表示があるかと思います。

脈あり、なしに関わらず追いメッセージは送る場合は一回、これが原則です。

二回目以降になるとブロックされて終わり、なんてパターンでこちらが傷ついて終わってしまうという展開になりがちです。

メッセージ的には感情的にならず冷静に、「盛り上がってたと思うけど理由が知りたいな」など素朴な感じで質問すればいいと思います。

よくあるオチでは20代と偽っていたおじさんだったとか、またその逆のおばさんだったとか、ネカマだったとか、もともとアポとって会う気のない人もアプリ内には混じっていたりするので、変に追いかけて得することはないと思った方が利口です。

追いメッセージ、基本は一回まで!

ハッピーメールで芸能人タレントをゲットする!

アポ取りの後の追いメッセージ、というか既読スルー?

アポも取って実際に会ってみていい感じに展開していった。そこで当然のようにライン交換、もしかしたらそれ以前にライン交換かもしれませんが、その後の連絡で、相手が返信を返してこない。

この場合は普通に既読スルー問題なわけですが、これも基本的には前述のような段取りで、一回は相手の本心を確かめるべくメッセージを送ってみていいと思います。

ただしこれだけラインが普及してやりとりが完全に日常の一部になっている今は、そこまで深く考えなくもいいですし、返信をわざと一日寝かせてする人もいれば、ただのめんどくさがりの人もいるということで、その次のアポがないようであればこっちからブロックする勢いでいってしまっていいと思います。

やりとりが便利になった反面、気をもむことも増えてきた微妙な世の中かとも思います。

アプリ内のルールはこれからも複雑化していきそう

ハッピーメールの口コミ評判、リアルに安全レポート

追いメッセージに関するツイートはほとんどがネガティブなもの。

追いメッセージイコール気が合ってない、リズムが違うということです。

基本は一回で、その後キャッチボールがスムーズにいかない場合はフェイドアウトが一番かしこい選択かと思います。

男性目線からの追いメッセージ

あくまで女性目線で追いメッセージについて書いてみましたが、男性からの追いメッセージはもうちょっとシビアに、男性からの追いメッセージは基本ナシと考えていいでしょう。

女性は男性にくらべコミュニケーション能力に長けています。

女性側から返信がないということは脈ナシと考えて問題ありません。

しかしここで女性以上に悩むのが男性、そしてねちっこくストーカーまがいの行動に出やすいのでくれぐれも注意してください。

また前項で書き忘れましたが、男性の場合メッセージを送るの課金があるということも考慮してください。

アプリによって差はありますが、無料で使える範囲内でやっていたやりとりがそこから先、課金になりますということでやめてしまう人も結構いるので、女子側からしたらタダで出会いがあると考えてる貧しい発想の時点でナシと、切れたことに感謝してもいいのかもしれません。

自分は追いメッセージに悩むけど、男性からの追いメッセージは即ブロック、これが正直な女心かと思います。

男性からの追いメッセージはダメダメ

難しいのはいい感じになっている時の追いメッセージは、相手が試している場合もあったりするので、女子の気まぐれを読むのは男子には大変そうです。

ここはしつこく追ってこいよ、というポイントもあるので勝負どころでのメッセージは考えものです。

ただのストーカーになってしまわないように、これだけは注意しましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ペキニーズ の福くん🐶 #ストーカー #まるでシャイニング😱 #朝はまったりと… #入るの早い 福はとにかく私にべったり…。 きっと色々な家をたらい回しで来たから凄く不安になるのかな😢 トイレまで追いかけてくる姿がどう見てもシャイニング笑(古すぎてわからないか😅) ま、そんな福を愛おしく思う❤️ 毎日私がいる時はフリーで遊ばせているけど、仕事に行く時はゲージに入れてる。今朝はゲージにベッドを入れて…って振り向くと既に入ってる‼️ 早すぎでしょー🤣 とってもお利口さんの福でした😊

junko.w(@junko.w1990)がシェアした投稿 -

LGBTの出会い、ハッピーメールの場合

出会い系やマッチングアプリなどをいくつか掛け持ちでやることで、一人の人への執着も減少していきます。

そういったサイト内でのコミュニティに相談相手のように何人かキープしておくのもネット社会では必要なのかもしれません。

女性の場合、出会い系での日記などに毒を吐いてバランスをとる人が増えています。

男性はどちらかというコミュニケーション下手なので、積極的にそういった機能を使っていくことをおすすめします。

本気になった人への追いメッセージと、まだ付き合う前の人とのそれはかなりの温度差があるわけで、とくにアポ前のやりとりは真剣になってしまった方が負けです。

アポをとって全然想像していたのと別人というパターンもあるわけなので、プロフや写真だけで舞い上がらないことが大切です。

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-出会い

© 2021 Powered by AFFINGER5