出会い

パパ活は犯罪?ツイッターでやるリスクとは?

パパ活は犯罪?ツイッターでやるリスクとは?

・はじめに

「パパ活」とは、女性が金銭的余裕がある男性と疑似恋愛・デートをし、金銭を受け取る行為のことを指します。ここ数年、「身体の関係がないから安心」という理由で「パパ活」が一気に浸透しましたが、中には身体の関係をもつパパ活もあり、どこまで関係を持つかは二人の間柄によるようです。

 

最近では、ツイッターで相手を募っているアカウントも多々見られ、より一層パパ活がカジュアルになってきています。しかしながら、ツイッターでパパ活をするのは果たして良策なのでしょうか?

 

この記事では、パパ活は果たして法律違反なのかどうか、そしてツイッターでパパ活をするリスクについてお伝えします。

 

パパ活は犯罪?

 

結果から言うと、パパ活は条件によって犯罪になるケースとならないケースがあります。「売春」や「援助交際」と同じだと思われていることが多いですが、「売春防止法2条」によると、肉体関係のないパパ活であれば売春とならないのです。

 

売春防止法2条

「第二条 この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。(売春の禁止)」

引用元: 売春防止法

 

「第三条 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない」

引用元:売春防止法

この法律をもとに、犯罪になるパパ活とならないパパ活の違いを見ていきましょう。

 

・犯罪にならないケース

 

① 肉体関係を持たない

 

肉体関係を持っていない場合、売春防止法2条に触れることはありません。お出かけやお食事、お買い物を一緒に楽しむだけであれば、違法とはならないのです。

 

とはいえ、身体の関係を持つと必ず違法になると言うわけでもないようです。

そもそも肉体関係の有り無し、金銭のやりとりなども含め、買春した者も売春した者も日本の法律では罰せられないというのが基本にあるようです。法律の専門家でない我々素人には理解しにくいですが、売春関係で罰せられるのは、売春の勧誘(街頭での立ちんぼなど)、周旋(あっせんなど)、契約(経営者が売春婦との間に取り分などの決め事をすること)、場所提供、管理売春(売春宿として経営することなど)、これらが処罰の対象で売春をした当事者たちがこれらに該当しなければ処罰はされないという不思議な法律です。

もちろん金銭のやりとりが発覚し、警察での聴取などはあると思いますし、そこでなんらかの誘導尋問で別の罪に問われかねない可能性もなくはないと思います。

有名なところでは最近室井佑月さんとの結婚報道が出た、元新潟県の米山隆一知事、子の人は2018年に買春がバレて辞表を提出するという騒ぎになりました。この時も逮捕されることはありませんでした。

ケースによっては売った側の女性に対しては補導ということもあるようですが、処罰されるわけではありません。

むしろ社会的に抹殺されるリスク、会社をクビになったり、気まずくて辞めざるを得ないなど、そっちの方が怖いかもしれません。

 

・犯罪になるケース

ただし女性が18歳以下の場合、パパ活は絶対にやめましょう。日本の憲法では、17歳までを「児童」としています。18歳以下の児童がパパ活で肉体関係を持ってしまうと児童法福祉違反となり、完全にアウトとなってしまいます。

第二条 この法律において「児童」とは、十八歳に満たない者をいう。

2 この法律において「児童買春」とは、次の各号に掲げる者に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)をすることをいう。

一 児童

二 児童に対する性交等の周旋をした者

三 児童の保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)又は児童をその支配下に置いている者

第三条の二 何人も、児童買春をし、又はみだりに児童ポルノを所持し、若しくは第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録を保管することその他児童に対する性的搾取又は性的虐待に係る行為をしてはならない。

引用元:児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律

相手が18歳未満であった場合、買った男性側は児童買春罪として、5年以下の懲役または300万円以下の罰金と重いものになります。

18歳未満の女性側は罪に問われないのかという疑問ですが、罪には問われません。例え女性側から誘ったとしても、大人である男性側が断らなくてはいけないというのが根本にあって、18歳未満の児童は法律で守るべき存在という解釈のようです。

男性側の注意点としては、18歳未満と知らなかったという言い訳が通用しない可能性があるということ、プラス恋愛感情があって合意のもと彼氏彼女の状態であっても、相手が18歳未満の場合は逮捕される可能性があるということです。両親合意のもと結婚といった特別なケース以外はいろいろと複雑なのが、18歳未満という境目です。

よく学校の先生が捕まるアレです。

 

ツイッターでのパパ活のリスク

 

法律をしっかり確認したところで、「やっぱりパパ活をやってみたい」と思った方もいるかもしれません。いざ始めようと思った時、「一番気軽なのはツイッターでの募集かな」と考えませんでしたか?とくに今は女子大生のパパ活が盛んです。コロナ禍でバイトができないというタイムリーな事情であったり、奨学金をもらっていて将来の返済が不安といった、金銭的にひっ迫した女子が多いのも事実です。

しかし結論から言うと、ツイッターでのパパ活は非常にハイリスク。

ツイッターでのパパ活は匿名で活動できます。一見身バレの心配が少なく、一番気軽な方法のように思えますが、その匿名性を利用する男性も多くいます。リスクとしては、

 

・顔が見えないため直接会うまでどんな人かわからない

・金銭的に余裕がない男性と出会ってしまう

・嘘をつかれる(名前・年齢・年収など)

・セックス目的の男性が大半を占める

・犯罪に巻き込まれるケースがある

 

などが挙げられます。

お金をもらえるどころか、逆にとられるケースも後を絶ちません。

パパ活の場合、犯罪に巻き込まれた時に、うしろめたさから泣き寝入りしてしまうケースも多いようです。

 

ツイッターよりパパ活アプリを

 

パパ活アプリはツイッターと違い、登録するための審査が必要となります。身分証明はもちろんのこと、ちゃんとパパとしてお小遣いを支払える余裕がある男性が集まるように、月額制となっているものが多くなっています。ツイッターでパパ活募集をしている男性は、パパ活アプリの審査に通らなかった男性なども含まれていますので、リスクを避けるためにはまずアプリを活用することをお勧めします。

●ペイターズ

男性の方が有料会員としてそこそこお金を払わなくてはいけません。ということは真剣に相手を探している人に出くわす確率が高いということ。

女性にはおすすめです。

paters(ペイターズ)

 

●ダディリラックス

富裕層をターゲットにしているサービス。

普通のアプリに飽きた人も多く登録しています。なんとなくオシャレなアプリに登録してはみたけど、出会いにまでは発展しないという人にはおすすめです。

ダディリラックス-DADDYRELAX-

 

-出会い

© 2020 Powered by AFFINGER5