PCMAX

PCMAXは新しい風俗なのか?

PCMAXは新しい風俗なのか?

出会い系御三家(ハッピーメール、ワクワクメール、PCMAX)の中でもPCMAXが一番エロのニオイがすると感じているのは私だけでしょうか。

ハッピーメール、ワクワクメールは少しづつマッチングアプリの色を濃くしていこうとしている感じがする中、PCMAXはエロをいまだに全面に出している気がします。

これはある意味潔い選択ですし、出会いでエロを求めないって逆になに?という答えが返ってきそうで個人的には好きです。

こういうオープンな発言も出てしまうのがPCMAXのいいところ。

ネットで知り合うということが完全に市民権を得た2020年代は逆にエロを素直に欲求していく時代にも突入している、そんな見方もあるのではないでしょうか。

PCMAXは機能が他とは違う

PCMAXが他と一線を画している点は機能の充実かと思います。

アダルトの欄だけでもこれだけ種類が分かれています。

「エッチ写真掲示板検索」などは意外に見せたがりの変態女がうじゃうじゃいて笑えます。

恐らく多くは業者だと思うのですが、これだけお尻だしている人がいるなら私も、と結構な確率で素人さんが混じっているある意味プラスのスパイラルが起こっているのかと思います。

「まだ返事がない掲示板」や「新人プロフィール検索」などはわかりやすく初心者や返信の可能性のある人を紹介してくれるので、マッチングの可能性が高くなるありがたい機能です。

「人気職業検索」も実はかなり使える機能で、この手の出会い系には多くのモデルさんや芸能人の卵的な人が登録をしていて、ここで検索をすることでわかりやすく希望の相手とつないでくれる役割を担ってくれます。

意外に多いのが売れないモデルなどの芸能系

ただし注意したいのはパパ活的なお金が絡む場合、もしくは働いているキャバクラへの営業だったりすることもあるので、真剣な交際を考えている人は避けた方がいいかもしれません。

あくまで遊び(そこにはお金はかかる)のわかる大人向けということで理解は必要です。

 

おススメの出会い系マッチングアプリ8選

Contents1 おススメの出会い系マッチングアプリ8選2 出会い系マッチングアプリは老舗に限る!2.1 ハッピーメール2.2 PC MAX2.3 ワクワクメール2.4 YYC(ワイワイシー)2.5 ...

続きを見る

コロナ禍で人気のビデオチャット

PCMAXで最近人気があがってきているのがビデオチャット機能です。

コロナの影響があるのかもしれません。

直接会うのに少し気がひけるけど、ビデオ通話なら、という人が増えているようです。

Zoomやスカイプの普及で、ビデオチャット自体へのハードルが下がったというのも大きいかもしれません。

 

ビデオチャットといってもPCMAXの場合はエロOKですから、相互オナニーだったりいきなり下半身への直球コースもあったりします。

いきなりのオナニーもアリ

もちろん飲みながらのオンラインキャバクラ的な下ネタ全開でのトークでも問題ありません。

またオンライン添い寝(寝落ち)というのも最近は人気が出てきているようで、マザコン的な優しさをもとめるオッサンなども急増しているようです。

寝落ちも人気のようです

他には誰かが相互オナニーなどをしているその女の子だけを覗き見できるという機能もあったりします。

野郎の方はもちろんカットして女の子の方だけが見れるまさに覗いている感覚を味わえるという機能のようです。

この辺のビデオチャットを見ているともはやオンライン風俗といってもいいぐらいの機能の充実だと思います。

女性の方がオンラインでのやり取りなので身の危険がないというところで大胆になれる傾向はあるようです。

とくに平日の昼間などの主婦層の乱れはスゴイものがあったりします。

たまに赤ちゃんの泣き声をリアルにマイクが拾ってしまうなんてこともあるのでその辺はご愛嬌で。

オンラインでの相互オナニーを繰り返しているうちに、合ってはいないのに恋人気分に勘違いしてしまうこともあるようで、そこから実際にアポをとってのリアルセックスは相当熱いものがあるようです。

まじはオンラインで先にお互いの陰部を確認し合ってからのアポ、とうのもアフターコロナの流行りになるのかも?しれません。

PCMAXのツイート事情

出会い系とマッチングアプリの差がなくなってきている事情

少し前まであった「出会い系」という言葉にある偏見がマッチングアプリという言葉の出現で、少しマイルド化してきている印象があります。

セフレという言葉も一般化して、女性側にもセックスを求めて何か悪いことでも?そんな男にとっては朗報な風潮が時代の流れに乗っかってきている感じがします。

女子もネットでAVを見る時代。

悶々としてオナニーをするのは男だけではありません。

またネット上ではポッチャリさんやブスにも需要がたっぷりあります。

どんな容姿であろうと居場所ができたことはネット社会の革命だと思います。

女性側も個人営業の風俗のような人もかなりいます。

パパ活という優しい表現になったりもしますが、ようは売春です。

ご飯だけでうまくお金をもらう場合もあればがっつりセックスまでいく場合と様々。

お店に所属するよりも効率よく稼げるので、一度旨味を知ってしまうと抜け出せない世界のようです。

キャバ嬢と風俗嬢のいいとこどりができるのが出会い系での営業というわけです。

男性側にもこの人と本気になっていいのか、割り切りの関係で線を引くか見極めが難しくなっています。

出会い系やマッチングアプリはあくまでセフレを前提に付き合っていった方がトラブルは少ないかもしれません。

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-PCMAX
-

© 2021 Powered by AFFINGER5