結婚相談所

リアルな結婚相談所に人が戻ってきている事実ブログで紹介

リアルな結婚相談所に人が戻ってきている事実

ネットでの婚活、アプリやサイトの利用で出会いは本人次第。

誰かが間に立つわけではなく、サイトというプラットフォームが仲介するだけです。

多くは業者やヤリモクに悩まされ、その荒波の中をかいくぐってようやくのアポ、なんてこともザラだったりします。

若いうちの軽い出会いを求める場としてはネットは有効ですが、いざ本気で婚活となるとつまづく人も多いのではないでしょうか。

ネットでの婚活疲れが最近ツイッターなどでもよく目にします。

そんな中改めて、リアルな結婚相談所が注目を集めています。会員数もネットにシェアを奪われるどころか、年々増えているのが現実です。

この記事では結婚相談所をいくつかピックアップして、平均的な料金など比較していきたいと思います。

エクセレンス青山

東京は青山一丁目(ブライダル関連の企業が多い場所)に事務所を構えて25年の老舗です。

初期費用5500円のトライアルプランあり。

料金プランは55000円(スタンダード)、110000円(プライム)、220000円(エグゼクティブ)と3段階にわかれています。

まずはトライアルで試して、カウンセラーの方に相談して自分に合うプランにするという流れがオススメです。


↑エクセレンス青山 サイトをチェック↑

FUSION BRIDAL(フュージョンブライダル)

年齢によって入会金が違うシステム。

26歳以下20000円、27歳から34歳3000円、35歳以上50000円、他に月の会費やお見合い費用、成婚の時は100000円を支払うというシステム。

婚活パーティなどを多くプロデュースしてお見合いの場を提供しています。


↑FUSION BRIDAL サイトをチェック↑

 



迷ったら資料請求の比較ネット↑

迷ったら比較ネットで資料請求が便利です

Look for Partner(ルックフォーパートナー)

入会前に無料相談できる。

入会金55555円、月会費5555円、成婚料99999円、5円(ご縁)にこだわり、これ結構大事。

3ヶ月以内にお見合いが成立しない場合は入会金返金の制度があるので安心。


↑Look for Partner サイトをチェック↑

Kizuna(キズナ)

30代から上はシニア婚までを手掛ける、すこし上の世代に強い結婚相談所。

登録料30000円、情報提供料が120000円から370000円とコースによって変わってきます。

会員の60%以上が4ヶ月以内に相手を見つけているという安定の実績。

ホームページを見ればベテランっぽいカウンセラーが名を連ねていて納得のサービスといった感じ。


↑Kizuna サイトをチェック↑

医師のとも 良縁

渋谷にある医師に特化した結婚相談所。医師だけでそんなに案件があるのかと思ってしまいますが、年間9000件の実績ということでチャレンジする価値あり。

入会するこちらが医師でないといけないということではありません。

一般の人の料金プランは入会費が60000円など初期費用が120000円、成婚料は相手が医師ということもあるのでしょう、300000円とすこし高めです。

医師というブランド設定で人気はかなり高い相談所です。


↑医師のとも 良縁 サイトをチェック↑

結婚相談所の強みはベテランの相談員!

ブライトマッチ

ブライトマッチは高学歴に特化した結婚相談所です。

東大、京大、早稲田、慶応といった高学歴の人のみが入会を許されるサービスなので、学歴に自身のある人はトライしてみてもいいかもしれません。

明確に大学名などどこまでが合格ラインなのかは公表していないので、審査に申し込むしかありません。

男女ともに高学歴でないと入会ができない仕組みになっています。


ブライトマッチをチェック↑

オンライン完結型も人気になっています

コロナ禍の影響もあって活況なのがオンライン婚活です。

店舗に足を運ぶ必要のないサービスだったり、Zoomなどをつかってのお見合いというのも今後増えていきそうな予感です。

スマリッジ

オンラインだけで完結できる結婚相談所。

登録料6000円、月の会費9000円。

しっかりとした料金をとるので冷やかしなどの変な顧客がいないので安心。またお見合いが目的ですから間にきちんとアドバイザーが仲介してくれます。

3ヶ月お見合い不成立で全額返金(条件あり)なので安心して入会できると思います。


↑スマリッジ サイトをチェック↑

naco-do(ナコード)

オンライン完結型の結婚相談所。

入会金が無料で月額4000円からというリーズナブルな値段がウリ。

間にサポーターの人が入ってくれるので安心。

3ヶ月以内に93.6%の人がお見合い成立という高い実績でお見合い初心者には良いサービスだと思います。


↑naco-do サイトをチェック↑

LMO Party(エルモパーティー)

オンライン婚活パーティの主催サイト。

NHKなどで紹介されて話題になってきているZoomを使った婚活パーティのサービス。

女性は無料、男性は月3000円とリーズナブル。

連絡先の交換なども主催者LMOがパーティー後に仲介するシステムなので安心。


↑LMO Party サイトをチェック↑

仲介者がいるのがマッチングアプリにはない安心感

仲人協会(一般社団法人仲人協会連合会)

設立から20年経つ老舗といってもよい仲人協会。

全国に32店舗を持つネットワークを駆使した確実な紹介が定評を得ています。

オンラインでも入会できるように作られたシステムは令和の時代にも対応した柔軟性を感じます。

キャンペーンで入会月の月会費が無料というサービスをやっているのでこの機会に申し込むのもアリかと思います。



 仲人協会をチェック↑

特別編を二つ紹介

華の会メールbridal

結婚相談所ではありませんが、中高年を中心に特化したマッチングサービス。

女性は無料で利用可能です。

いわゆる通常のマッチングアプリなどと同様のサービスですが、内容が中高年の婚活にフォーカスしていることで、真剣にパートナーを探している人に人気のサイトです。


華の会メールbridal をチェック↑

普通のマッチングアプリだと若いイメージがあって利用しにくいという声もあるので、華の会メールbridalは貴重です。

結婚相談所比較ネット

「結婚相談所比較ネット」はネットではなくパンフレットを手元にもらって、そこから決めたいという人向けのサービス。

何故か結婚となると昔ながらのイメージ(お見合い写真など)で、印刷物から始めないと雰囲気がでないという人がいたりします。

時代と逆行はしているんですが、ゼクシィなどの雑誌もいまだに根強い人気です。

デジタルでなく紙媒体である安心感を求める人が一定数いるのは事実です。

「結婚相談所比較ネット」で登録すると年代にあわせた13社のパンフレットが送られてくるので、そこからじっくり選ぶことができます。

オーネット、ツヴァイ、パートナーエージェントなどの大手を中心とした選択なので安心です。


結婚相談所比較ネットをチェック↑

迷ったらここで資料請求!まとめて資料を送ってくれるので便利!

まとめ

ざっと紹介してきましたが、料金設定もオンラインで完結するタイプだとリーズナブルですが、通常の結婚相談所の方がやはりしっかりとしたバックグラウンド、仕事や学歴なども高い人が集まっている傾向があるようです。

若い人などまずはオンライン型で肩慣らしして、本格的な相談所へという流れもありでしょうし、遠回りする必要はないと考える人は最初から経験と実績のある相談所の門を叩くのが賢明かもしれません。

最初に叩く門で運命が変わってしまうかもしれない選択、悩むところです。

-結婚相談所

© 2020 Powered by AFFINGER5