エロ

セックスの途中に女子が考えていること、その本音とは?

セックスの途中に女子が考えていること、その本音とは?

あなたはセックスの途中に女性は一体何を考えているのが気になったことはありませんか?

気持ちいいと思っているのか、それとも別のことを考えているのか、女性の本音を知りたいですよね。

この記事では、前戯から挿入、それぞれの体位の時に女性が考えていることをご紹介していきます。

 

前戯の最中に考えていること

あなたは女性とセックスする時、前戯はどのくらいしますか?

女性のエロい気持ちを引き出すには実は前戯はとても大事なことをご存知でしょうか。

ここでは、「キス」「体」「前戯の内容」に分けて、ご紹介していきます。

 

キス

セックスに入る前にキスはしますか?

キスは女性にとってとても大事で、キスをしている最中にも色々なことを考えています。

例えば…

・キスをたくさんしたいのに今日は回数少ないなあ

・キスの相性抜群!最高!!

などキスの回数、仕方について考えていることが多いようです。

 

これは女性の体、男性の体どちらのことも指します。

女性の体の場合、シャワーを浴びず良い雰囲気になった時に気になるのは汗の臭いやムダ毛のことなどです。

また、おりものシートを外していない!どうしよう!と焦ってしまうこともあります。

体を男性に見せる前にシャワーを浴びて、自分の体の最終チェックやセックスをする前に準備をしたいと思う女性が多いようで、それが出来ないとセックスに集中できないこともあるため、シャワーは大事な時間になることが多いです。

そして女性は男性の体についてもよく見ているようです。

・肌がつるつるしていて気持ちいい

・シルエットが素敵

・意外とお腹出てる

・毛が濃いなあ

など女性は男性の体について色々なことを考えています。

また、女性の服を脱がす時の順番も大切で、例えば服を次々に脱がせていって最終的に残ったのがブラジャーと靴下だけ…あれ?今、私変な格好してない?と思うこともあるようなので注意が必要です。

おススメの出会い系マッチングアプリ8選

前戯の内容

女性にとって前戯は男性からの愛を感じる時間の一つです。

胸や性器を少し触れてすぐに挿入やすぐにフェラを要求は男性からの愛を全く感じません。

前戯の最中に頭を撫でたり、見つめたり胸や性器以外にどれだけ触れることが出来るかで女性の興奮度が上昇し、嬉しくなり愛を感じやすくもなります。

前戯に時間をかけてくれることに対して嬉しい!と思う一方で

・元彼の方が上手だった

・前戯短い!下手!

など厳しい感想を持つこともあるようです。

 

女性は意外に冷静に男性の攻め方について自己採点をつけています。

 

 

セックスの途中、考えていること

それでは女性はセックスの時にどのようなことを考えているのでしょうか?

ここでは、「挿入の瞬間」「正常位の時」「バックの時」に分けてご紹介していきます。

 

挿入の瞬間

女性は挿入の瞬間、ドキドキしていることが多くまた、挿入の瞬間を気にして楽しんでいる場合が多いです。

挿入のスピードがどんっと速い方が好きな人、じっくりじわじわゆっくりが好きな人とそれぞれ存在します。

また、痛みを感じやすい女性もいて、どんっと早いスピードで入ると痛みを感じてしまうことから、構えてしまうという人もいるようです。

痛くしないでね、と祈るような気持ちの人もいたりします。

 

正常位の時

正常位の時は相手の表情がよく見えるので男性の表情を気にする女性も少なくありません。

男性が気持ちよさそうな表情をしているととても嬉しいので、

・どうしたらもっと気持ちよくなってくれるかな?

と思っている女性が多いようです。

また、目があって嬉しいと感じたり、キスをしながらの挿入も愛を感じ女性は気持ちよくなってしまいます。

男性の事をよく観察できる体位のため、腰の振り方や見た目なども気にする女性が多く、セックスを楽しみながらも冷静に判断していることもあります。

・その角度気持ちよくないな

・腰の振り方変!全然集中できない

・変な言葉責めしてきた、どうしよう

と正常位は色々な情報が入ってくるため、色々な事を考えているようです。

また、正常位は女性にとって「愛を感じる体位で好き」という人が多く、セックス中にして欲しい体位の一つというのも事実です。

ユーチューブチャンネル、さっchannelのSachiさんも自分のセックス時の考えていることを分析していたりします。

職業でみるエロい女子の探し方

バックの時

女性は大半がMの気質を持っています。

そのため、バックでの挿入が興奮する、という女性が多いようです。

信頼関係があるという事が前提で、M気質の女性は後ろから責められることに弱い傾向にあります。

バックは男性が主導権のため、「犯されている気分」「いいなりになっている気分」になることから興奮するという女性も多いようです。

また、男性から自分の顔を見られないということもあり、表情を気にせずセックスに集中できるため、自分のエロワールドに入りやすい事もバックが好きな女性が多い理由の一つです。

・もう最高!興奮する

・エロくてたまらない

とM気質の女性は思ってしまうのです。

人によっては髪を引っ張って欲しい、軽く首に手をかけて欲しいという人もいたりします。

完全に相手に身を委ねている状態で、自分が膣の感触や犯されている感覚を純粋に楽しんでいる時間かもしれません。

自分の感じている顔が不細工になっていないかなども気にする必要のない、ある意味女性がセックスに没頭できる瞬間になるわけです。

 

ですが、顔が見えないことで寂しいと感じる女性もいるようです。

・男性が感じているところやイク瞬間を見たい

・キスがしにくくて寂しい

と思っていたり、痛みを感じやすい女性は

・奥まで入るから痛い!

と感じている女性も少なからずいるようです。

相手の様子を見ながら、バックを楽しむことがポイントです。

また、バックでの挿入の時にスパンキングをするということにも意見が分かれるようです。

スパンキングが好きな人も嫌いな人もいますが、強く叩くのではなく、ソフトに叩くことなら好きという女性もいるようです。

その他には、

・お尻を突き出すのが恥ずかしくて明るい場所だと集中できない

・たまに膣に空気が入っちゃって変な音が出る

とバックに対して苦手な女性もいます。

ツイッターは女性のボヤキの宝庫。

マンネリ男子は勉強すべし!

冒頭でもご紹介したように女性はM気質の人が多く、バック好きな人もたくさんいます。

また、バックは中イキしやすい体位でもあり、バックでしか刺激できない場所も存在します。

是非、パートナーと気持ちいい場所を探してみてください。

ユーチューブでは芸能人も赤裸々に性癖やセックスへの願望を語っています。

いろいろ見ていると男性にはSっ気を求めるひとが多いような感じがします。

全てを委ねて魂が解放される瞬間、これとオーガズムが同時にくるとそれは病みつきになってしまうのかもしれません。

少し前まではブス芸人枠でAbema TVなどでいまいちパッとしない女芸人だったのに、今や売れっ子に仲間入りしている納言幸さんも「敬語でスケベなことをしたい」と自身の性癖を暴露しています。

共演している蛙亭イワクラさんもMであることをカミングアウトしていますが、男性がしっかりとSでないと逆に冷めてしまう、中途半端なスベリSはいらないと厳しいお言葉も。

性癖については、女性側はなかなか自分からこうして欲しいとは言えないので、男性側にもう少し女性が何を欲しているかを察知する能力を身に着けてほしいというのが本音ではないでしょうか。

言葉責めも効果的になるかどうかは紙一重なところがあります。

「どうなの?」「気持ちいいの?」「イッちゃうの?」といったありがちな言葉は女性としては冷めがち、というか女子側がどれだけ男性に入れ込んでいるかによっても変わってくるとは思います。

二人の関係が盛り上がっている時は何を言っても効果がありますが、マンネリ化した時の言葉責めは逆効果になってしまうという、このセックスのマンネリ化問題は実に悩ましい課題です。

セックスレスの定義、パートナーとの性交渉の頻度について

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女性は一度に色々な事を考えてセックスをしていることが分かりました。

丁寧に愛が伝わるようにそして、時に激しくすることが女性を喜ばせるポイントのようです。

お互いに気持ちよくなれるような関係を築ける女性と出会えるといいですね。

 

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-エロ

© 2022 コイドキ Powered by AFFINGER5