出会い

主婦の小百合さんが不倫に走った理由

主婦の小百合さんが不倫に走った理由

ハピメで会った小百合さんは自称35歳、実際はもう少し若く見える。二十代、大学を卒業して二、三年という感じにしか見えなくてこの自称35が本当なのかはわかりません。逆サバ読みで、個人情報を隠す技かもしれないと思いました。

待ち合わせは渋谷のH&Mの前という指定も謎でしたが、第一印象は清潔感のあるファッションで、これからヤル気満々で向かった自分からするとエロさは感じさせない、相手のとりあえずの警戒感みたいなものを感じました。東急前のスタバが空いているということで移動して話をすることに。

小百合さんは元広告代理店勤務

話を聞くと小百合さんは外資系の広告代理店に勤めていたそうで、割と誰でも知ってるブランドの広告を手掛けたりしていたそうです。その辺の仕事の話になるとやや上から目線の昔バリバリ業界で仕事してました感を出してきて、ちょっと鼻についたので、後でホテルでガンガンにいじめてやろうと内心は興奮してました。生意気な女の子をひれ伏させるようにセックスをするというのは男の本能でしょうか。
難しい話もつまらないので、少しづつエロモードに持っていくため、今まで出会い系で会った男の話とかセフレっぽいたまに会ってホテルに行く相手の話とか、エステに行くような感覚で男に会ってホルモンバランスを整えているという本音まで聞くことに成功しました。だんだんいやらしいフェロモンが出てきてるのはわかるわけで、清楚な感じに見えていた印象もなんとなく首筋ばっかりこちらは見てしまい、早くホテル行きたい、とパンパンになる股間に我慢をいわせるのに苦労しました。エステに行くということだったので、マッサージの話から、自分が整体師の友人に教えてもらったマッサージのやり方などを話し、もういきなりホテルで試しませんかとキモイ誘い方に打って出たのですが、答えは「えっ、無理そういうの」と肩透かし。でも答え方としては無理じゃないっぽい無理、という言い方だと私は判断し、もう少し距離をお互いにほぐしながらのタイミングでチャレンジすることにしました。

旦那とはセックスレス

まず彼女の最優先順位としては普段たまっている鬱憤を吐き出したかったというのがあったと思います。つまりしゃべりたかった、ということ。男はセックスが最優先ですが、女性にとって喋るということが優先順位としては上だということを知っておくといいと思います。旦那とは多少の情はあるけどセックスは無理、もう3年以上キスもしていないとのこと。寝室ももちろん別で、とりあえず何かネットビジネスでの起業を考えているようで、経済的に自立できるまでの我慢となかなかシビアな内容でした。何が無理なのか聞くと口臭とか体臭おか、ニオイが一緒に暮らしていく中で受けつけなくなっていたそうです。動物レベルというか遺伝子レベルで相性が合っていないということなんでしょうか。生活の安定というか、仕事がしたくなくなって給料をちゃんともらってるという理由だけで結婚に踏み切ったそうです。結婚当初からセックスの回数は少なく、彼女も結婚三か月目で前の会社に自分が辞めたあとに入ってきた新人のイケメンと前の同僚を通じて知り合い浮気していたというツワモノです。
なんかそんな話を弾丸のごとくしゃべりまくっていたのは、場所を移したカラオケボックス内でした。対して歌うこともせずに彼女はしゃべり続けました。二時間ぐらいして私も聞くのに疲れてきて、向こうもある程度吐き出したかなと感じて、ちょっとした間ができて、そこで強引にキスをしました。彼女の喋りまくる目的は達成で今度はこちらの性欲の目的の番に彼女も応えてくれた恰好です。目も急に潤んで、ボックス内で下まで手を伸ばしてしまいましたがそこも十分に潤んでいて、あんだけ喋りながらなんか女のコワさを感じました。
「ホテル移ろう」と言うと、コクリと頷いて急に静かな女に変わってしまいました。
手をつないで円山町のホテルまではすぐで、彼女はシャワーを浴びたいとぬかすのでそんなことは許さず即ハメです。それほど強いわけではないのでごくごく普通にイってしまいましたが、その後は一緒にシャワーを浴びて二回戦突入です。百戦錬磨の彼女の技はアソコをくわえられるとわかりました。いやらしいなあ、結婚してるんだよなあ、旦那かわいそうだなあ、とか色々考えならバキュームされていました。

終わってホテルを出るとすっかり暗くなっていて、お腹ペコペコということでしっかり焼肉をおごらされてバイバイしました。月に一回ぐらいのペースでどう?と提案してみたら、いいよとの返事。セックスの相性も私は悪くなかったと思ってますが、どうでしょう。暇つぶしに向こうの気が向けばまた会ってくれるかなという感じです。

帰りの電車でアプリを開いたらまた違う女性とのアポにOKが出ていました。浮気していない主婦っているのかなあ、男より女の方が遊んでるのが現実ではとぼんやり思いました。

-出会い

© 2020 Powered by AFFINGER5