出会い

セフレなんて本当に存在するの?あなたの周りのセフレ事情

セフレなんて本当に存在するの?あなたの周りのセフレ事情

セフレなんて本当に存在するの?そんな疑問を持っている人もいるでしょうか。

セフレとはお付き合いはしていなくても、体の関係を持っている二人のことを言います。

セフレの定義はたくさんありますが、セフレはどんな形であれ存在します。

今回はそんなセフレがいる人の、セフレ事情を何点か書いていきます。

 

・セフレを作る理由

・実際のセフレ談

・セフレのメリット、デメリット

 

何でセフレを作るの?

セフレを作る人は、なんで作るのか。

セフレを作る理由について男女の意見を聞いてみました。

 

男性の意見としては、無駄に見栄を張る必要がなく、ただ性欲を満たせる。

この意見が多いようです。

彼女となると、毎回のデートのご飯代、記念日ごとのプレゼントなど、何かとお金がかかりますよね。

それに比べて、セフレはただ会いたいときに会えて、性欲を満たせるという手軽さがあるようです。

女性というのは、基本面倒くさい生き物ですよね。

男性がそこにメリットを感じる気持ちはわかるような気がします。

二股以上の相手、本命がいたとして優劣の下の方に属する彼女をセフレと呼ぶ人も…
浮気相手とセフレの境界線も難しいです。

ネット上のセフレ募集のほとんどはプロの業者という現実…

一方、女性の意見としては、さみしさ的な感情が大きいようです。

失恋の傷が癒えてなく、彼氏を作る気はない。

仕事が忙しくて恋愛に使う時間はない。しかし、日常にさみしさやつまらなさを感じている。

という意見でした。

性欲を満たしてほしいという気持ちよりも、1人でいるよりかは誰かといたい。

そこに性行為がつくのならそれでいいと思っている人が多いようでした。

これが男性と女性のセフレを作る理由です。

女性の場合、一時的な関係のケースが多いかもしれません。

では、実際にセフレがいる人の体験談を見ていきましょう。

PCMAXでのセフレはこうして見つける

セフレってどんなもの?

女性(30)子供3人主婦

結婚して、1年。旦那が浮気していることを知った。二度目の結婚ということ、連れ子も含め3人の子供がいる私には、離婚という決断はできなかった。でも、何も知らなかった頃のように旦那に接することはできない。そんなときに飲み会で出会った、歳の近い男性と仲良くなった。相手も既婚者で、私たちが体の関係を持つのに時間はかからなかった。

私たちは、いわゆるセフレの関係になった。その男性と関係を持ち出して、“私も同じことをしている”という気持ちから、旦那への態度を改めることができた。旦那との夜の生活も復活した。

私はセフレの男性に、私を一番にみてほしいと思ったことは、一度もない。さあめている関係だと思うよりも、お互いの体だけに惹かれているということに興奮する。結婚していても、母親でも、女は捨てられない。私はこれからもこの関係を続ける。家族を円満に保つ、一つの手段だと思っているから。

単なる不倫関係も、両者に体だけの関係という同意があれば今はセフレと表現することもありそうです。
ただ終わり方が難しく、長く続けば情もわいてくるのでドロドロもめることも…

男性(21)社会人

私には、彼女はいない。しかし、セフレは4人いる。いつからそんなに複数の女の子を、掛け持ちするようになったのか自分でもわからない。

毎日誰かしらと一緒にいる。寂しいから誰かに連絡するのか、自分自身考えたこともない。セフレの中にも1番会う頻度が多い子、1か月に1回会うか会わないかの子もいる。1番に連絡して、無理だったら次に行くという感じのことを毎日繰り返している。

そんな日々の中、1人の女の子に好きだといわれた。付き合う気がないのなら、もう会うのをやめるそうだ。私は好きじゃないと伝え、今後会うかどうかは彼女に任せるといった。そんな私に、彼女は「あなたは人を愛すことができない」と言われた。なんだか響いた。なんで女の子は、関係に白黒つけたがるのか、1番になりたがるのか私にはわからない。

彼女と付き合ったところで、金はかかるし、干渉はされるし、私に得がない。だからお断りしただけなのに、なぜか彼女に言われた言葉が消えなかった。考えていると、人を愛することに、自分の損得を考えている時点で何か違うこと気づいた。気づいたところで私は、今の自分を変える気はない。お金も使わずに、自分の相手をしてくれる人はたくさんいる。私はその環境がすきなのだ。その女の子とは、疎遠になったが今でもあの言葉は残っている。

都合よく連絡をとって来てくれる子がいれば、セフレと呼ぶ人もいます。
お互いになんとなく暇だし、1人だと淋しいし、本気で好きになる手前の関係がセフレかもしれません。

「つきあう」という儀礼のような概念があるのは日本特有かもしれません。

つきあう前にセックスしてしまって、もしかして体だけの関係?これってセフレ?と悩む人も多いようです。

私はセフレ?連絡方法から見る判断基準

結局セフレのメリットって…?

・体の関係だけで、無駄にお金を使わない。

・感情をいれなれば、SEXだけに集中できる。

・自分の気持ちの保険になり、自分に余裕ができる。

 

どうでしたか?今回は実際にセフレがいる人お話を元に、セフレは存在するのか?という疑問、セフレのメリットを男女の目線からご紹介しました。

たとえどんな形であれ、セフレは存在します。

SEXは悪いことではありません。しかし、それがあなたにマイナスな関係や、誰かを気づけている関係であるのかもしれない、ということを忘れないでください。

セフレに対する意見はたくさんあります。

ただ言えるることは、セフレはセフレでしかありません。

そこに感情を入れてしまえば終わりということです。この記事を読んでいるあなたが、より良いセフレLIFEをおくれることを願っております。

セフレは存在するようでしない、その人の定義次第で恋人にもセフレにもなるというのがホントのトコロかもしれません。

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-出会い

© 2021 Powered by AFFINGER5