レポート

セフレをやめたい、そのタイミングと切り出し方

セフレをやめるタイミング

セフレという関係は「付き合う」「結婚する」といったものと比べると曖昧でとても楽なものだと思います。

しかし、いざセフレをやめたいとなると中々切り出せないものです。今回は、女性が男性とのセフレ関係をやめたいときの切り出すタイミングと切り出し方について、男性目線から考えていきたいと思います。

そもそもセフレ関係をやめるにあたって、相手との関係次第で切り出すタイミングや切り出し方は大きく変わってきます。

単にセフレとの関係が面倒に感じるようになったのであれば連絡を取らなければいいだけの話ですが、「相手の本命になれないから」「新しい彼氏ができたから」「身体だけの関係に嫌気が差したから」などといった理由の場合は、セフレとの関係をやめるにあたり、関係性をハッキリさせる必要が出てくる場合があります。

それら3つのパターンについてそれぞれ説明していきます。

本命になれないと気付いた時

1つ目は「相手の本命になれないから」というパターンについてです。相手の彼女になりたいと思っていたものの、気づけば身体だけの関係になっていたというものです。相手に彼女がいたり既婚者だったりする場合もあれば、相手にパートナーはいないけどシンプルに遊び相手にされているという場合もあるでしょう。

しかし、先に身体の関係になった後もセックス以外のデートをすることがないのであれば、セフレから彼女になる可能性はあまり考えられません。

セフレの関係をやめるのであれば、相手との2人の時間が無くなることは覚悟の上で切り出しましょう。

そのときに、相手に自分のことを追いかけたくなるような切り出し方をしたいのであれば、「好きな人ができた」という切り出し方が有効だと思います。

なぜなら、興味の対象が移ったことは男性に嫉妬心を生む可能性が高いからです。

セフレ男の心に少しでも未練を残させて再び2人の時間を過ごすチャンスを残しておきたいのであれば、男側があなたのことを気になるような別れ方、つまり「好きな人ができた」という切り出し方をするのが賢明だと思います。

男の独占欲にも見切るタイミングが必要です

ハッピーメールでセフレを作る方法!?

相手に彼氏ができた時

2つ目は「新しい彼氏ができたから」というパターンについてです。

この場合は出来るだけセフレ男に嫉妬心を生まないようにしたいところだと思います。

男側が割り切れた感情でいたのであれば問題は起きませんが、もしそうでなければ新しい彼氏に対する嫉妬心から問題が起こる可能性はなくはないです。

そのため、「新しい彼氏」の詳細は出来る限り伝えない方がよいかと思います。

トラブルにもなりかねないので、直接伝えることはせずLINEで連絡するくらいがよいと思います。

そもそもセフレというのは曖昧な関係でしかないので、必ずしも本人の前で直接別れを切り出さなければならないわけではありません。

また、男性は過去に関係を持った人に対して未練を持つ傾向にあります。関係が終わった後は、SNSなどで幸せアピールなどをして元セフレを刺激するような投稿は出来る限り避けましょう。

向こうの心がトキメク時、セフレに対する気持ちの比重は変わってきます。そんな時は男性側も自然と気持ちが離れていく傾向にあるのではないでしょうか。これは関係を切る絶好のタイミングだと思います。

セフレが長く続くというのは幻想かも…

 

出会い系のクズに聞くという選択肢

ハッピーメールなどの出会い系はコミュニティ化している現状があります。日記などを書いて毒を吐く場所になっている感じです。普通のSNSでは言えない本音なども書きやすいのか、女性の利用が目立ちます。
ここで軽い交流が生まれるわけですが、出会い系を利用するヤリモク達の鋭い意見にハッとさせられるということでなかなかの好評のようです。

 

 

ただしクズにはまらないように注意!

 

ハッピーメールはコチラ↑ 

 

結局あきるというしょうもない理性

3つ目は「身体だけの関係に嫌気が差したから」というパターンについてです。

セフレ関係を始めた頃はお互いが楽しい時間を過ごせたらそれで良いという感覚だったかもしれません。

しかし、自分の周囲で結婚ラッシュが起こったりすると、男性と身体だけの関係を持ち続けている自分が嫌になってくる場合があります。そのような場合は、相手に正直な気持ちを告げるのが無難かと思います。

切り出し方としては「結婚願望がある」といったことも添えて伝えると、軽い関係性を好むセフレ男はそのままセフレ関係を続けたいとは思わなくなるでしょう。

そうなると、穏便に関係性を終わらせることができます。

自分の気持ちの変化を正直に明かすことで、スムーズに関係を終わらせましょう。

どんなに綺麗な相手でも3回ぐらいであきてしまう、なんてことはざらです。AVでも同じ女優さんで何回も抜けないのと一緒です。

セフレであれば割り切って、また新しいセフレをさがすというゲスの道を極めてもいいかもしれません。

セフレの次もまたセフレ…

以上が、「セフレをやめたい、そのタイミングと切り出し方」についてでした。

ほとんどの場合は今回紹介した切り出し方で関係を終わらせることができるのですが、稀に、セフレ関係を続けることをしつこく求めてくる人がいます。

そのような自己主張が過度に強い人は対話によって関係性を切ることが難しいと思いますので、可能であれば住む場所を変えるなどをして居場所を突き止められないようにするのがよろしいかと思います。

ツイッターでセフレを検索してもいいことはありません。結局業者かオッサンがやってる冷やかしだったりします。

ハッピーメールの評価がイマイチ、アプリは活用してますか?

クズに聞くと答えが見つかる

出会い系などには大抵、日記機能などがついています。

ただの掲示板に書き込んでのやりとりだけでなく、サイト内にコミュニティが出来上がっている感じです。

この日記を使っている人はかなり多く、そこでのコメントのやりとりなどで普通のSNSでは言えないことなどを発散する、という使い方のようです。

セフレとの関係などもこういうところで質問などを投げかけると、同じような経験をしている人、男女共に圧倒的確率で存在するコミュニティですから、目から鱗な答えが返ってくることがあります。

毒には毒をの法則でしょうか。

ただそこでまた仲良くなって、違うセフレに乗り換えただけというオチにならないように気をつけましょう。

また別のクズ男にひっかからないように細心の注意が必要!

ハッピーメールの安全面セキュリティは大丈夫?

 

セフレとの復縁はアリかナシか?

セフレとの復縁はアリかナシか?

体だけの関係を結んでしまった人たちがどこかでふと考えてしまうトピック。

大抵は男の方から急にラインやメールが届く、インスタやツイッターにいいね!がくる、そんな予兆に出くわす贅沢な悩み。

そもそも相手は本当にセフレだったの?

単純に二番目、三番目の彼氏彼女ってことんじゃないの?という疑問もあります。

セフレという言葉が独り歩きしている感はあって、ほとんどの場合は単なる浮気相手、このパターンではないでしょうか。

本当にその人はセフレですか?

男性の場合は生理的に精子がたまってくる、抜きたくなる、そこで風俗に行く人もいれば都合のいい女を作る場合もあるかもしれません。

しかし女性の場合のムラムラは男性と少し異なり、単に陰部への刺激を求めているわけでなく、気持ちを満たす方の意味合いが強いと思います。

始まりは大してお互いのことを知らない間に始まった肉体関係でも、会話が重なっていけば情もわいて、単なる体の関係ではなくなる、というか逆に体の関係だけでキープするのはかなり難しいと思います。

こういうツイートがマジだと思ってる人も少なくない…

ツイッターでのセフレ募集は基本的に釣りです。

詐欺サイトへの誘導か、業者でプロのお姉さんがやってくるパターンになっています。

プロではなく素人同士の体の関係という意味でのセフレの話をしています。

 

本題のセフレの復縁について

そして本題のセフレの復縁ですが、これは今自分に本命がいるかいないか、これによって変わってくると思います。

セフレを作る人の傾向として、飽きっぽいという性格があると思います。

美人は3日で飽きるというのは本当で、いくら容姿がよくても2、3回セックスをすれば飽きるものです。

性格的に一緒にいて飽きないというのが将来的には夫婦への道を歩む二人でしょうから、ビジュアルが中心で興奮していた相手に対しては飽きが早くくるわけです。

帰る家があるように、柱となる相手がいる場合は一年ぐらいしてふと思い出したセフレに連絡をとって一回どう?となるそれぐらいの気持ちの人が多いのではないでしょうか。

復縁というよりは、昔の友達に会って飲む感じ、その勢いで一夜だけ合体してしまった、そういうノリでいくしかないのではないでしょうか。

はじめからお互いに一年に一回ぐらい会ってエッチして近況報告とかできる関係なんてどう?というやりとりをラインなどでしておくのもいいかもしれません。

ただ女性側はわりと飽きるという表現よりも完全に興味をなくす場合が多いので、セフレとして関係を続けたいと思うのは男性側がほとんどだと思います。

女性側にもしその感情があるとすればそれは恋になってしまっているパターンなので、セフレじゃなくて本命としてつきあう、これしかセフレの関係を抜け出す方法はないと思います。

ただ一方が本気になると片方は冷めているというのもお決まりの法則なのでそこは難しいところです。

セフレから恋人への昇格が一番難しい!

あくまで同性の親友に近い状態で関係をキープしつつ、たまに会ったらセックスというのが理想かもしれませんが、お互いに帰る場所がある家族がある場合には成立するとてもレアなケースになってしまうと思います。

お互いが別々に結婚して子供もできて、その家族の不満などを言い合える関係でしかもセックスもする、というのはなかなかないのではないでしょうか。

そういう意味では男女ともにセフレに関しては復縁という言葉は忘れて、新しいセフレをさがしていく方がメンタル的には楽だと思います。

言い訳を「セフレ」に込めれば、次々に乗り換えていっても心を痛めずにいられるかもしれません。

方法としては今のセフレとの関係や本命との関係の悩みを出会い系などの掲示板に書き込み、その悩みを聞いてくれる体で新しいセフレをゲットしていくクズなやり方はどうでしょう。

セフレといってる時点でモラルもなにもないわけですから、すべてをさらけ出した状態でどこまで自分が進めるかのゲームになると思います。

 

セフレをどんどん作っていくのもそれはそれで贅沢どころか神経すり減らす試練になるかもしれませんし、そういう人間同士のドロドロのやりとりも人生の中には必要なエッセンスかもしれません。

最初にも書いたように、その人は本当にセフレなのか?まずはそこを問い直すところからではないのでしょうか。

-レポート

© 2020 Powered by AFFINGER5