レポート

ありがちな社内恋愛、バレるリスク、でもやめられない

社内恋愛のリスクについて考える

 

仕事で相談に乗ってもらったり、助けてもらったりすると相手のことが魅力的に見えますよね。

長い時間を過ごす会社で、恋愛関係に発展するのは自然なことかもしれません。

 

しかしながら、会社での恋愛は様々なリスクが伴います。そのリスクにドキドキハラハラしてしまい、そのスリルが病みつきになってやめられない…。というのは社内恋愛の楽しい部分でもありますが、リスクをきちんと理解しておくに越したことはありません。

 

今回は、社内恋愛に伴う3大リスクをお伝えします。

 

①堂々とできないもどかしさ

 

彼氏ができたら嬉しいですし、ちょっと自慢したり、惚気たくなったり、たくさんデートに出かけたりしたいですよね。付き合いたての一番楽しい時期を、思いっきり楽しみたいところですが、社内恋愛はそうもいきません。

 

社内恋愛で、付き合いたてから堂々とオープンにするカップルはあまりいません。後述する、バレた時や別れた時のことを考えると、秘密裏にこっそり愛を育んでいくカップルが大半でしょう。

 

秘密の恋愛のスリルを楽しめればいいのですが、だんだんと堂々とできないもどかしさに苛立ちを覚えてしまうことがあります。社内恋愛といえど、別に悪いことをしているわけではないので「なんで周りにコソコソしなければならないのだろう…」と、辛く感じてしまうものです。

ストレスが普通になってしまい、体に変調をきたすことも

社内のみならず、プライベートでデートに行くときも、いちいち「会社の人に鉢合わせたらどうしよう…」なんて考えなければならないのも億劫ですよね。もちろん、彼と社内で鉢合わせた時や、飲み会で一緒になった時なども、ドライに対応しなければなりません。最悪の場合、彼のことを気になっている同僚からのアプローチを遠くから見守ることしかできない、なんてこともありえます。

社内恋愛も少しづつオープンになってきているかもしれません。

②バレた時の面倒臭さ

 

とはいえ、いざオープンに付き合い出してしまうと後には戻れない面倒臭さが待っているのが社内恋愛。周りからの祝福や、多少の冷やかしだけで済めばいいものの、「社内恋愛に浮かれていて仕事に身が入っていない」などの評価をされてはたまりません。

 

どんなに付き合っている本人たちが公私混同をしないタイプだったとしても、周りがそうだとは限りません。

 

例えば、元々は彼氏と自分が選ばれるはずだったプロジェクトから自分が外されてしまったり、全然関係のない彼の部署の飲み会に呼ばれてしまったり…。何かにつけて、仕事の話に恋愛事情を挟んで来られる可能性があるのが社内恋愛です。恋愛とは別の仕事の部分での衝突など判断にも影響してくる可能性があるのがメンドクサイところ、全く違う部署の人との恋愛がベストかもしれません。

違う部署の人と愚痴など言い合える関係はよいかも

リモートワークが増えるなか、社内恋愛の形も変わる可能性があります。家のパソコン画面の横でスマホのラインで意中の人を口説き落とす事例も増えるかもしれません。

③別れた時の気まずさ

 

通常の恋愛では、別れてしまえばお互い顔を合わさずとも済むかもしれません。しかしながら、社内恋愛はそうもいきません。別れた後も、社内で顔を合わせることもあれば、一緒に仕事をしなければならない場合もあるでしょう。

 

もしオープンに社内で付き合っていたのだとすれば、「あの二人別れたらしいよ〜」という噂がしばらく別れた後もつきまといます。別れた後に、傷をえぐるような機会がゴロゴロと転がっているのが、社内恋愛の怖い部分でもあります。このリスクを避けたいのであれば、彼と結婚する段階になるまでオープンな関係性にするのは控えたほうが良さそうです。結婚という最高のエンディングで終わる可能性が保証されてないのも、社内恋愛のリスクです。女性は次にサクッと移れますが、男は引きずりまくってストーカーやパワハラを行使してくる場合もあります。恋愛している時のリスクより、終わった後のリスクの方が大きそうです。

社内恋愛がバレてしまうきっかけ

 

ここで、社内恋愛がバレてしまうきっかけを見てみましょう。あらかじめ、ばれるリスクがある行動を知っておくことで、バレないように予防をすることができます。

 

・二人の距離感が他と違う

物理的に距離が近かったり、逆に意識しすぎてよそよそしくなったり…。ふとした距離感で周りには伝わってしまうものです。

 

・有給を使う日が同じ

近い部署同士だと、誰がいつ有給を使っているのかはすぐわかるもの。なんでもない平日に合わせて有給をなんどもとっていたりすると、噂になってしまうのも仕方がありません。

 

・喧嘩していた雰囲気を職場に持ち込んでしまった

プライベートで喧嘩をしてしまったあと、職場で顔を合わせた時にスパッと切り替えることはなかなか難しいものです。喧嘩した後の気まずい雰囲気を持ち込んでしまうと、「あの二人なんかあったの…?」と勘付かれてしまいます。社内では仕事以外の接触は避ける、これができるのであれば問題はありませんが、一番難しいことでもあります。

まずバレていると思って間違いない

まとめ

いかがでしたでしょうか。社内恋愛には、リスクがつきもの。周りからの目を気にしてしまう人や、嘘をつくのが下手な人は控えておいたほうが無難でしょう。それでも、社内の彼といい感じになってしまった時は、リスクを考慮し、彼ともどうするのかきちんと話し合った上で関係を築いていくことをお勧めします。

やはりテレワークは社内恋愛の形を変えていくと思います。

-レポート

© 2020 Powered by AFFINGER5