レポート

ツイッター婚活の罠

ツイッター婚活の罠!

 

SNSが世界中で使われるようになり、婚活の在り方も多様化しています。合コンだけが出会う方法だけでなく、SNSを使って婚活する事も当たり前になりつつあります。

 

特に「ツイッター」では簡単に多くの人と出会えるため、婚活には欠かせないツールとなっています。

 

しかし、簡単な反面、ツイッターには婚活を邪魔する罠が仕掛けられている事もあります。その罠に気づき、きちんと見抜かなければ危険な目にあう可能性があります。

 

そこで、今回はツイッター婚活をするにあたって、特に気を付けた方が良い罠を紹介します。

 

 

プロフィールの偽造

ツイッターはFacebookと異なり、偽名で登録できます。偽名だけでなく、プロフィール情報の全部を容易に偽れます。

 

その為、ツイッターのみで婚活をした際、ツイッターで得た情報が全て嘘だったと騙される可能性があります。

 

また、ツイッターに載っている写真なども本人を偽って他人を載せる事も出来ます。

ですので、ツイッターを通してDMでやり取りをした後、会えるようになった場合、事前情報と全く違う人物と出会う事になってしまいます。

 

良いと思う人を見つけた際には、「本当にその人なのか」を見極めないといけません。

 

過去のツイートや写真をいくつも見て、関係性はあるのかを確認する事が大切です。

 

さらに、出身高校や出身大学が書かれている場合は、フォロワーの中にその高校・大学の人がいるかを確認する事もプロフィールの偽造を見抜く方法です。

いわゆるネカマなども多数存在するのがツイッター。ネナベも少数ですがいるようです。

難しいのは真剣にツイッター婚活をしようとしても、レスがあるのが業者や冷やかしがほとんどというもの。

一応ハッシュタグで「#婚活」をつけてツイートしている人や、プロフで婚活垢を名乗っていても、アプリや結婚相談所での愚痴を吐き出すアカウントが多いというのも難点です。

愚痴に対して共感するようにレスを飛ばして近づくというパターンはありかもしれませんが、いかんせん完全にオープンなプラットフォームなので素性がわかるまでにかなりの時間、基本的には素性は明かしてくれないパターンがほとんどです。

特に女性はネットに対する警戒心が強いので、そもそもツイッターでの婚活を真剣に考えている人がどれくらいいるのか微妙なところではないでしょうか。

 

個人情報の流出

ツイッターは「鍵」をかけない限り、個人情報が流出するツールと言えます。

 

ツイッターをやっていれば、誰でも自分の情報を知る事が出来ます。そのため、住所やラインアカウントなど大切な情報が多くの人に流出する可能性は高いです。

 

特にツイッターではDMでラインのようにやり取りできるだけでなく、様々な人が入り交じり話す事が可能です。

 

つまり、気軽にツイートした情報が多くの人に見られて住所の特定に繋がる可能性も大いにあります。

 

良いと思う人をフォローして色々と話している中でその人が自分の個人情報をツイートすれば、その人のフォロワーにも伝わってしまいます。

 

婚活ではなく、個人情報を収集するのが目的でツイッターをやっている人もいます。

良いと思った人であっても自分の身を守るためにツイッター上では自分の情報を多く書き込まない事が大切です。

 

特に写真などは住所を特定できるような要素が含まれていると危険です。

写真を載せる前にはそれらが含まれていないか確認しなければいけません。

「#Twitter婚活」このハッシュタグで検索をすると上の画像のようなプロフを載せている人が出てきます。

普段の写真なども載せてリアルなアカウントの場合もあるのですが、これにアプローチするには自分も全てをさらけ出さないといけないという意味でもあります。

そして失敗した時やなにかやらかしてしまった時にそのやり取りを全世界に発信されるリスクがあるということだけは覚えておきましょう。

出身校から会社名まで、すべて晒してOKな人であれば、ツイッター婚活はありなのかもしれませんが……


リアルな結婚相談所の安心感に結局帰ってくるのか?

 

性犯罪に巻き込まれる

ツイッターは婚活ツールとして使われる一方、一部の男性からは出会い(性)目的で活用されています。ツイート(言葉)では、結婚相手を探していると言っていてもいざ会えば、すぐにラブホテルに行こうと誘っているかもしれません。

 

時間とお金を無駄にする可能性は十分あります。また、フォローした途端にDMで卑猥な画像を送り付ける人もいます。

 

実際にツイッターで性犯罪に巻き込まれている人はたくさんいます。

性被害を未然に防いだとしても、巻き込まれそうになった事実をその人がツイッターで広める可能性もあります。

 

自分が被害に遭わないためにも、気になる男性がいた際にはその人のツイート、フォロワーなどに「性にまつわる情報」を発信していないかを確認する事が重要です。

前述もしていますが、プロフィールを書いてオープンにしている人がいるのも事実ですが、それを逆手にとって騙しにくる輩というのは必ず出てきます。

そしてその割合はあなたが思っているより多いと思ってください。

写真などもちゃんと投稿して、信用を得てから近づく、裏を返せば写真や投稿だけで、高給取りも、高学歴も創作できてしまうということです。

後述もしますが、金銭であれば警察も動いてくれる可能性はありますが、男女の色恋、無理矢理な犯罪でなければ警察もそう簡単に動いてはくれません。

体を弄ばれて逃げられてもその被害を訴えるところはないかもしれません。

結婚相談所はブログよりもツイッターをチェック?

金銭の要求

性犯罪と同様にツイッターでは、金銭を要求される事件に巻き込まれる可能性はあります。ツイッター上でのやり取りでは全く金銭関係の話をしなかったとしても、実際に会った際に金銭を要求されるかもしれません。

 

この場合、金銭を要求する側は事前に自分の「弱み」を徹底的に探してきます。

昔のツイート、画像から住所を特定、ラインのアカウントを特定してそれをダシ (フック)に金銭を要求してきます。

 

弱みを握る分、強く態度で要求され脅しや恐喝に近い対応を取られて怖い思いをするかもしれません。そんな危険な目に遭わないためにも普段からツイートする情報は選定しないといけません。

単なる脅しだけでなく、最近では外国人による(もしくは外国人を装って)、結婚を匂わて臨時でお金が必要になったなどいろんな理由をつけてお金を振り込ませる詐欺も多発しています。

明るみに出ているものだけがニュースにはなっていますが、泣き寝入りしている人も少なくないのではないでしょうか。

結婚という思い文字が支配すると、何百万のお金でも出してしまう人がいるのが不思議ですが、当事者になると冷静に判断できなくなるのは仕方がないのかもしれません。

 

ツイッター界隈の婚活事情

・終わりに

いかがだったでしょうか。ツイッターは世界中で活用されているSNSです。

 

婚活サイトに登録していないだけで結婚を考えている男性もツイッターをやっている人は多くいます。ですので、婚活を素早く進めるにはツイッターは友好的な手段と言えます。

 

しかし、今回紹介したプロフィール偽造、個人情報の流出、性犯罪に巻き込まれる、金銭の要求は付いて回るものですので、普段から「情報を発信しすぎない」事に気を付けないといけません。

 

相手を見極める際には、その人のツイートはもちろん、フォロワーの数とフォローの数がおかしくないか、卑猥なアカウントは含まれていないかなど、細かい情報を確認する事も欠かせません。

また、心配な方は「鍵」をかけて限定公開するなど、自分の身を守る対策をきちんと行っていきましょう。

 

まだ趣味垢を作って、友達からスタートしていく段階を踏んだ婚活の方が安全かもしれません。

 

 

投稿者プロフィール

maki
maki
美容師免許保持者で美容師、エステテシャンを経てフリーライター。海外生活5年目の後帰国。ブログでは美容、恋愛ジャンルでの執筆を主に活動中。

-レポート

© 2021 Powered by AFFINGER5