出会い

ツイッター界隈の婚活事情

ツイッター界隈の婚活事情

「#婚活」これでツイッターのアカウントを作って婚活をしている人を最近多く目にします。

はたしてツイッターで婚活は可能なのか?

婚活垢なるものを中心に私自身もつぶやいてきましたが、実際肌感覚でどうなんでしょう。

私自身が思うには、ツイッターでは他での婚活歴の報告場所としてのツイッターではないかと思っています。

あくまで他の出会い系アプリなどでこんな人に会った、これが良かった、これが最悪、など正直愚痴る場所になっているのがツイッターではないでしょうか。

ツイッターで婚活する場合は趣味垢などを通じて

もしツイッターで婚活を試したい人は自分の趣味などの専用垢を作って、そこで同じ趣向の人とリプやDMなどを重ねて、アポをとっていくというやり方が効率的かなあと思います。

あからさまに婚活垢と称して、簡単なプロフをのせていくのは難しい気もします。

性別:女
年齢:25歳
身長:150cm
学歴:院卒
お酒:飲める
煙草:吸わない
職業:会社員
休日:土日祝
年収:300万
子供:欲しい
趣味:いんたーねっと、漫画、アニメ

華の会メールBridalは本当に終わっているのか?

華の会メールBridal(ブライダル)、口コミ評判はあやしい? 華の会メール、まずは簡単な登録方法から 中高年に注目されているのが華の会メールBridalですが、ネットの口コミや評判を見てみると、あや ...

続きを見る

性別:男
年齢:93年26歳
在住:東京23区
体型:180/筋肉質
学歴:大卒
職業:管理部系
正社員 年収:400~440万(賞与無)
車 :あり
趣味:筋トレ、食べること

よくあるのはこんな感じの箇条書きのプロフですが、意外に院卒などの高学歴が多いのが逆に怪しく、不信感が漂います。

それよりももう少し時間をかけて自分がどんな人間かを趣味などを通じてつぶやいていくことで、人となりがある程度フォローしてくれる人にも伝わった段階でリアルの世界でも会っていくというプロセスを踏んだ方がいいような気もします。

ツイッターの婚活垢で勝負する場合は、写真などでプライベートをあからさまにしてしまうことが大事かもしれません。

顔出しはもちろん、住んでる地域、会社なども思い切ってさらけ出して活動してる人もいます。

デジタルネイティブな人たちにとって、プライベートの切り売りはハードルの低いものになっているかもしれません。

男女共にこの場合、ストーカーというリスクはあるんですが、SNSに真正面から取り組んでいる人にはストーカーリスクは低いような気もします。

住所や会社はさすがに控えて、最低でも顔だし、これはネット上の婚活に限らず、出会い系でも今は必須条件かもしれません。

よく出会い系サイトなどで、知り合いを見つけてしまうというのは最近は珍しいことではありません。

恥ずかしさを捨て、自分の将来の幸せを最優先でいけば取り組む姿勢も変わるかもしれません。

ツイッター婚活の具体例

ハッピーメールの評価がイマイチ、アプリは活用してますか?

ハッピーメールのアプリはインストール済み? ハッピーメールの攻略法、サイト比較、体験談といろいろ事前に検索しがちですが、オッサン世代は実はアプリではなくパソコンで昔ながらにログインしてハッピーメールを ...

続きを見る

婚活や出会い、ツイッターは学びの場所になっているかもしれません。

あと趣味垢の話を最初にしましたが、ナンパ目的で全然興味のない分野に首を突っ込むのはやめた方がいいかもしれません。

例えば女子が多くいるアクセサリーなどを自作 している人達とか、そこに筋トレ垢のゴリゴリなやつがいきなりフォローしても気味悪がられるだけなので、ツイッター上とはいえ、実生活と同じ気構えでいきましょう。

街のカルチャーセンターで自分がいくとしたらどこかな、どこのドアを開けるか、フェルトで人形作ってるところを開ける勇気は実際はないと思います。

ネット上なのでなんでも簡単にできてはしまうのですが、自分の居場所がどこなのか、把握する力がなければそもそもの出会いは難しいと思います。

-出会い

© 2020 Powered by AFFINGER5